「アール・ヌーヴォー」の版間の差分

correct capitalization for French: unless all of them are proper nouns, only the first word's capitalized
(加筆)
(correct capitalization for French: unless all of them are proper nouns, only the first word's capitalized)
{{参照方法|date=2010年2月}}
[[ファイル:Vase Daum.jpg|thumb|right|120px|[[ドーム兄弟|ドーム]]の壺(ナンシー派、1900年頃)]]
'''アール・ヌーヴォー'''('''{{lang-fr|Art Nouveaunouveau}}''')は、[[19世紀]]末から[[20世紀]]初頭にかけて[[ヨーロッパ]]を中心に開花した国際的な[[美術]]運動。「新しい芸術」を意味する。花や植物などの有機的な[[モチーフ]]や自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない[[装飾]]性や、鉄やガラスといった当時の新素材の利用などが特徴。分野としては[[建築]]、[[工芸品]]、[[グラフィックデザイン]]など多岐にわたった。
 
[[第一次世界大戦]]を境に、装飾を否定する低コストな[[モダニズム|モダンデザイン]]が普及するようになると、[[アール・デコ]]への移行が起き、アール・ヌーヴォーは[[世紀末]]の退廃的なデザインだとして[[美術史]]上もほとんど顧みられなくなった。しかし、[[1960年代]]の[[アメリカ合衆国]]でアール・ヌーヴォーの[[リバイバル]]が起こって以降、その豊かな装飾性、個性的な造形の再評価が進んでおり、[[新古典主義]]と[[モダニズム]]の架け橋と考えられるようになった。[[ブリュッセル]]や[[リガ]]歴史地区のアール・ヌーヴォー建築群は[[世界遺産]]に指定されている。
67

回編集