「クレヨン」の版間の差分

通常のタイプの他に各種が各社から販売されている。
 
* '''太巻き''' - 太い線や面塗りに適しており、折れにくい
* '''水性''' - 水や石鹸で落とす事が可能
* '''リトクレヨン''' - [[リトグラフ]]用の油脂分の多いクレヨンで、[[ダーマトグラフ|グリースペンシル]]の一種
 
ヨーロッパの玩具の安全規格(EN 71)を満たした製品には[[CEマーク]]が付され、米国画材・工芸材料協会(ACMI)の基準を満たした製品にはAPマークが付される。[[日本工業規格]]にもEN 71に準じる安全規格を含んだJIS S 6026「クレヨン及びパス」があるが、1998年以降は業界団体がJIS表示許可を返上したことから<ref>[http://www.jccma.jp/pdf/jccma_the_past.pdf 日本絵具クレヨン工業協同組合沿革], 日本絵具クレヨン工業協同組合, 2015年9月11日閲覧.</ref>、[[JISマーク]]は付さず規格に沿った自主検査が行われている。クレヨンを含む玩具の安全性に関わる[[国際規格]]には[[ISO]] 8124がある。