「雪氷学」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎外部リンク: リンク切れ修正(日本雪氷学会))
編集の要約なし
"glaciology"は本来「氷河学」であるが、訳語は「雪氷学」とすることが多い。氷河学が[[氷河]]を対象とするため日本ではあまり発展しなかったのに対して、雪氷学は氷と雪全体を対象とし日本でも発展が見られたため、訳語としては「雪氷学」に取って代わられた。
 
地球上の氷に限らずに、火星の氷などの宇宙の氷も雪氷学の研究対象となっており、そうした場合の学問を特に'''宇宙雪氷学'''という<ref>{{Cite web |url = https://kotobank.jp/word/雪氷学-87413 |title = 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 |publisher = コトバンク |accessdate = 2018-02-10 }}</ref>。
 
== 雪氷現象 ==
雪氷学の対象となる気象現象を総称して、雪氷現象(snow (snow or ice weather phenomena)phenomena) と呼ぶことがある。あらゆる気象の中の、水の固体としての「氷」の状態を経る現象とそれに関わる現象すべてを含む。
 
[[降水]]現象では、[[雪]]、[[霰|あられ]]、[[雹]]、[[霙|みぞれ]]、[[凍雨]]、[[雨氷]](着氷性の雨)、[[細氷]](ダイヤモンドダスト)のほかに、[[吹雪]]などの現象も含まれる。
== 関連項目 ==
* [[国立極地研究所]]
* [[北海道工業大学|北海道工業大学]]寒地総合技術センター]]
* [[北海道大学低温科学研究所]]
* [[中谷宇吉郎]]
* [[苫米地司]]
匿名利用者