「スターリング・ポンド」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
従来は1ポンド=20[[シリング]]=240[[ペニー|ペンス]]であったが、計算上混乱するため、[[1971年]][[2月13日]]に1ポンド=100ペンスに切り替えられた。イギリスとアイルランドで[[通貨の補助単位|通貨補助単位]]の変更を行ったこの日を「[[デシマル・デー]]」(Decimal Day, 十進法の日)と呼んでいる。
 
古い補助貨幣はこのほか、[[クラウン銀貨|クラウン]] (crown)、[[フローリン]] (florin)、[[グロート]] (groat)、[[ギニー]] (guinea) がある。1クラウン=5シリング、1フローリン=2シリング、1グロート=4ペンス、1ギニー=21シリングに相当した。イギリスでは、[[1817年]]に[[ソブリン金貨]]が本位金貨として鋳造され、この金貨を1ポンドに流通させ、自由鋳造、自由融解を認める唯一の無制限法貨としたが、ギニー金貨も引き続き流通することになり、この時価値が21シリングと定められた。因みに1ポンドは前述の通り20シリングであった。[[第一次世界大戦]]後に[[アメリカ合衆国ドル]]に取って代わられるまで、世界で最も信用の高い[[国際通貨]]であった。
 
通貨名は、古代の銀貨の質量に由来する。8世紀に[[マーシア]]のオッファ([[:en:Offa of Mercia]])が[[フランク王国]]の[[リーブル]]貨幣にならって1[[ペニー]](1ポンドの1/240)の銀を含む銀貨を鋳造したのをはじめとする。ただし当時の1ポンドは現在の1ポンドとは質量が異なる。
77

回編集