メインメニューを開く

差分

→‎促音便: 連体形由来の語形であるため終止形を載せる必要はないかと思い修正
*「行き-て」 イ'''キ'''テ → イ'''ッ'''テ 「行って」
 
ラ変動詞の例「あって」 「あった」に類縁のものとして、形容詞の過去表現「高かった」などの形は、「あり」に由来する「カリ活用」(ただし、古語の「あり」は「たり」を接続することは出来ないなぜなら、「あり」はラ行変格活用だから現代語の「ある」のみぞ「たり」を接続することはできる)に、さらに「タリ (< て-あり)」の連体形「タル」がいて促音便化し、更に終止形と連体形と合一し、つまり終止形は「高かったり」→「高かったる」と変化し、更に語尾の「る」を落としたものである。 すなわち、「タカカ'''リ'''タ→ タカカ'''ッ'''タタカカッタル→タカカッタ」のごとき変化を経ていると考えられる。
 
また、「静かだった」のような形容動詞の過去表現も類例である。 ただしこちらはより時代が下って以降、「静かで+あった」あるいは「静か+だった」のごとき一種の再構成を経ている。つまり、(古語)静かなりき→静かにてありたり→静かにてあったり→静かにてあったる→静かにてあった→静かであった→静かぢゃった→静かだった
 
ほかの典型例として、動詞+動詞の合成語中に見られることがある。 このタイプでは「'''シ'''」が促音便化した例も見られる。
4,752

回編集