「雪氷学」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
種々の学問分野と直接、間接に関連する[[総合科学]]であり、[[地球科学]]・[[災害科学]]・[[物質科学]]・[[工学]]などとの接点がある。
 
[[日本雪氷学会]]には、極地雪氷、[[永久凍土|凍土]]、雪氷物性、[[リモートセンシング衛星|衛星観測]]、雪氷工学、雪氷化学、[[気象]][[水文学|水文]]、[[吹雪]]の分科会・研究会が登録されており、[[氷河]]情報センターも含めて、雪氷学の守備範囲の(意外な)広さをうかがわせる。
 
よく「氷雪学」と間違えて呼ばれるが、雪氷学者の間では、「氷雪」は文学的表現として区別されている。
"glaciology"は本来「氷河学」であるが、訳語は「雪氷学」とすることが多い。氷河学が[[氷河]]を対象とするため日本ではあまり発展しなかったのに対して、雪氷学は氷と雪全体を対象とし日本でも発展が見られたため、訳語としては「雪氷学」に取って代わられた。
 
地球上の氷に限らずに、火星の氷などの宇宙の氷も雪氷学の研究対象となっており、そうした場合の学問を特に'''宇宙雪氷学'''という<ref>{{Cite web |url=https://kotobank.jp/word/雪氷学-87413 |title=日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 |publisher=コトバンク |accessdate=2018-02-10}}</ref>。
 
== 雪氷現象 ==
匿名利用者