「ラマーズ法」の版間の差分

タイプミスを修正, 文法を修正
(タイプミスを修正, 文法を修正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
'''ラマーズ法'''(ラマーズほう、英語:Lamaze Technique)は、[[フェルナン・ラマーズ]](Fernand Lamaze)が[[1951年]]ごろに一応の体系化した[[分娩#無痛分娩|無痛分娩法]]。<ref>吉田和枝、2008年「[http://www.hus.osaka-u.ac.jp/kiyo/file/34/34-13_yoshida.pdf 欧米および日本における産痛対応法の比較史的研究]」『大阪大学大学院人間科学研究科紀要』34巻269~290ページ(2011年1月16日閲覧)、279ページ目参照。</ref>
 
 古くはロシアのシベリア等の開拓地で、近隣に病院や助産施設がない地域で、出産を無事に行なう為に、夫をはじめ家族や友人の助力を得て出産するために伝承された助産・出産方法。この技術がヨーロッパを経由して、アメリカ大陸の主に開拓地での出産方法として受け継がれ、日本にはアメリカのウーマン・リブ運動の活動の一環として紹介された。
 
 現在では日本も含めた世界で採用されている。「ヒッ・ヒッ・フー」の呼吸法で知られる自然分娩法のひとつで、多く麻酔分娩と対比される。
 
== 日本におけるラマーズ法 ==
 病院で管理された医師主導の分娩が主流となった1960年代に日本に紹介された。助産婦のサポートで産婦が夫とともに自立的に出産に臨み「いいお産」「自然なお産」ができると考えられ、ウーマンリブ活動家や助産婦、主体的に産みたい妊婦たちからの支持を受けた。1978年に朝日新聞の連載「お産革命」<ref name=":4" />で紹介され、ラマーズ法が全国的に知られるようになる<ref name=":1" /><ref name=":2" />。杉山次子は医師や助産婦の協力を得て、東京に「お産の学校」を開校し、ラマーズ法の理論と実践(呼吸法、弛緩法、妊婦体操など)を広めた。ラマーズ法1990年代なかばには、医師側からの理解も進み、ラマーズ法はあたりまえの存在になっていった。
106

回編集