「中央セム諸語」の版間の差分

m
西セム語群→西セム諸語
(infobox)
m (西セム語群→西セム諸語)
|familycolor = Afro-Asiatic
|fam2 = [[セム語派]]
|fam3 = [[西セム]]
|child1 = {{仮リンク|北西セム諸語|en|Northwest Semitic languages}}
|child2 = [[アラビア語]]
 
== 概要 ==
中央セム諸語という分類は比較的新しいものである。伝統的な分類では、セム語派のうち[[アッカド語]]を除く西セムは[[北西セム語]]と南セム語に2分され、前者にカナン諸語やアラム語、後者にアラビア語や[[アムハラ語]]などが属していた。しかしこの分け方は地理的・文化的な根拠にもとづいており、言語学的な根拠はほとんど存在しない<ref>Faber (1997) p.5</ref>。
 
これに対して1970年代に{{仮リンク|ロバート・ヘツロン|en|Robert Hetzron}}は形態論における革新を根拠にして西セムを再整理し、従来の北西セム語にアラビア語を加えた中央セム諸語を立てた<ref name="f">Faber (1997) p.6-7</ref>。
 
== 特徴 ==