「クネルスドルフの戦い」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
|casualties2=死傷 18,969、うち戦死6,000<ref>Christopher Clark: Preußen - Aufstieg und Niedergang 1600 - 1947, Phanteon Verlag, 1. Auflage, 2008, S. 244</ref>
|}}
'''クネルスドルフの戦い'''(ドイツ語:Schlacht bei Kunersdorf)は、[[七年戦争]]中の戦いであり[[フリードリヒ2世 (プロイセン王)|フリードリヒ大王]]にとって最も壊滅的な敗北である。[[1759年]]の8月12日、 [[フランクフルト・アン・デア・オーダー]]の東に位置する[[クーネルスドルフ]]において、 4万9000の[[プロイセン王国|プロイセン]]軍7万1000の露墺連合軍が戦闘。[[フリードリヒ2世 (プシア帝国イセン王)|ロシア]]と[[ハプスブルク帝国|オフリストヒ大王]]の連合軍を前とって最大の敗北となった。
 
== 背景 ==
422

回編集