「バーナード・バルーク」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[File:Bernardbaruch.jpg|200px|right|thumb|バーナード・バルーク(1920年)]]
'''バーナード・マネス・バルーク'''(Bernard Mannes Baruch {{IPA-en|bəˈruːk|}}、[[1870年]][[8月19日]] - [[1965年]][[6月20日]])は[[アメリカ合衆国]]の[[官僚]]、[[政治家]]、[[投資家]]。[[サウスカロライナ州]][[カムデン]]出身のユダヤ系アメリカ人。戦争を一種の公共事業と認識している人物で、[[第一次世界大戦]]では[[ウッドロウ・ウィルソン]][[アメリカ合衆国大統領|大統領]]の側近(大統領選挙に協力した見返りとして大統領府へ自由に出入りできる立場)となり、[[:en:War Industries Board|戦時産業局]]長官を務め、当時世界最大の工業国家となったアメリカにおける[[軍産複合体]]の実権を握り<ref>さらには[[パリ講和会議]]代表団[[:en:The Inquiry]]にも参加した。
:Spencer Tucker, Priscilla Mary Roberts ''World War I: A Student Encyclopedia'' ABC-CLIO, 2005 pp.295-296.</ref>、外交分野でもドイツに巨大な賠償金を課した賠償委員会の議長として活躍した。
 
[[Category:ユダヤ系アメリカ人]]
[[Category:ユダヤ人の政治家]]
[[Category:サウスカロライナ州カーショー郡出身の人物]]
[[Category:1870年生]]
[[Category:1965年没]]