「光の雨」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|立松和平の小説|映画化作品|光の雨 (映画)|}}
『'''光の雨'''』(ひかりのあめ)は、[[立松和平]]の小説。[[1998年]]に[[新潮社]]から刊行された。[[連合赤軍]]事件(主に[[山岳ベース事件]]。連合赤軍結成前に起きた[[真岡銃砲店襲撃事件]]と[[印旛沼事件]]も含まれる)を題材に、その当事者をモデルとする人物が、当時を回想する形で書かれている。
 
[[2001年]]に映画化された『[[光の雨 (映画)|光の雨]]』は、本作をベースとしている。