「クロロホルム」の版間の差分

m
mhchem syntax
(→‎合成: 誤字 メタン とを400-500℃のところ修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (mhchem syntax)
==合成==
工業的には[[塩素]]と[[クロロメタン]]、もしくは[[メタン]]を400-500℃で加熱することで得られている。この温度では[[フリーラジカル]][[ハロゲン化]]反応が起き、メタンやクロロメタンが徐々に塩素化された化合物へと変換される。
:<cechem>CH4\ + Cl2 -> CH3Cl\ + HCl</cechem>
:<cechem>CH3Cl\ + Cl2 -> CH2Cl2\ + HCl</cechem>
:<cechem>CH2Cl2\ + Cl2 -> CHCl3\ + HCl</cechem>
:<cechem>CHCl3\ + Cl2 -> CCl4\ + HCl</ce>
 
最終的にはクロロメタン、[[ジクロロメタン]]、クロロホルム、[[四塩化炭素]]という4種類のクロロメタン類が得られる。これらの混合物は蒸留により分離される。
130

回編集