「HACCP」の版間の差分

呼称は統一されていない
(出典URL差し替え)
(呼称は統一されていない)
タグ: 2017年版ソースエディター
{{出典の明記|date=2018年10月13日 (土) 04:55 (UTC)}}
{{食の安全}}
'''{{en|HACCP}}'''(ハサップ<ref>{{Cite web |url=https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/haccp/ |title=HACCP(ハサップ) |accessdate=2018-10-15 |publisher=厚生労働省}}</ref>、ハセップ、ハシップともいう<ref>{{Cite web |url=http://www.fsc.go.jp/fsciis/attachedFile/download?retrievalId=kai20050906vi1&fileId=108 |title= 食品の安全性に関する用語集 |accessdate=2018-10-23 |author=食品安全委員会 |date=2005-9-6 |format=PDF |publisher=食品安全委員会 |page=50 |quote=頭文字の略語としてHACCP(ハサップ、ハセップ、ハシップともいう)}}</ref><ref>{{Cite web |url=http://nichiju.lin.gr.jp/conference/sangyou_iinkai/240808.pdf |title= 第 15 回産業動物臨床・家畜共済委員会の会議概要 |accessdate=2018-10-23 |author=産業動物臨床部会常設委員会 |date=2012-8-8 |format=PDF |work= |publisher=産業動物臨床部会常設委員会 |page=2 |quote=「HACCP」の呼称は、平成5年、農林水産省(農水省)では「ハシップ」、厚生労働省では「ハセップ」と呼んでいたが、厚生労働省(厚労省)が流通・加工業界での取り組みを進めるうちに一般的に「ハセップ」と呼ばれるようになった。 }}</ref>''。統一された呼称はない<ref>{{lang-enCite journal|Hazard Analysis and Critical Control Point}}'')は [[食品]]を製造する際に[[工程]]上の[[危害]]を起こす要因([[ハザード]]; Hazard)を分析しそれを最も効率よく管理できる部分(CCP; 必須管理点)を連続的に管理して[[安全]]を確保する[[管理]]手法である。和書
|author =矢田 富雄
|date = 1996-03
|title = 食品安全性・衛生性確保とHACCP
|journal = 日本食生活学会誌
|volume = 7
|issue = 3
|page = 25
|publisher = 日本食生活学会
|doi = 10.2740/jisdh.7.3_25
|url = https://www.jstage.jst.go.jp/article/jisdh1994/7/3/7_3_25/_article/-char/ja/
|accessdate = 2018-11-18
|quote = 日本では,ハセップ,ハサップ,ハシップなどと呼ばれているが,統一されてた呼称はない. 
}}</ref>。 ''{{lang-en|Hazard Analysis and Critical Control Point}}'')は [[食品]]を製造する際に[[工程]]上の[[危害]]を起こす要因([[ハザード]]; Hazard)を分析しそれを最も効率よく管理できる部分(CCP; 必須管理点)を連続的に管理して[[安全]]を確保する[[管理]]手法である。
 
[[日本]]では[[食品衛生法]]において[[厚生労働省]]が「'''危害分析重要管理点'''」と訳したが、海外の事情に詳しい専門家は「'''危害要因分析'''(に基づく)'''必須管理点'''」と訳している(近年日本では、たとえば[[ISO 22000]]:2005などにおいて“危害分析”から“ハザード分析”と云う呼び方に変更されつつあり、「ハザード」とは危害要因であるとする解釈が増えてきている)。