「教頭」の版間の差分

教頭になるには、校長と同様に一定年数以上の教育経験が必要だが、[[学校職員充て職|主任]]や[[学校職員充て職|主事]]などの経験もしなければならない都道府県・市町村もある。また教頭試験(管理職登用選考)に合格する必要がある。
 
また、教頭を[[教員]]の一種とする考え方もあるが、必ずしも[[教員免許|教員免許状]]必要としない。法制度上通常は別の[[概念]]であるとされる。[[#備考|教員免許更新も基本的に不要]]である。{{also|#備考}}
 
しかし、教頭試験を受験するための資格として、教員免許を有し実務経験5年、あるいは教員免許の有無に関わらず実務経験10年となっており、教員免許を持たず実務経験を経ることが少ないため、実際はほとんどの教頭が教員免許を有していることになる。