「1969年のテレビ (日本)」の版間の差分

m
; 3月
* [[3月2日|2日]] - [[フジテレビジョン|フジテレビ]]系で開局10周年記念番組として、『世紀のゴールデンショー』を放送。その後同年[[12月31日]]に年末特番『世紀の祭典』として放送、翌[[1970年]]からは『世紀の祭典』は毎年3月の放送となり、[[1976年]]まで継続、[[1978年]]から始まる期首特番『[[オールスター春秋の祭典スペシャル]]』につながる。
* [[3月15日|15日]] - [[NHK佐賀放送局]]、[[日本放送協会|NHK]]では初となる[[極超短波|UHF]]([[アナログ放送|アナログ]])[[県域UHF局|県域テレビジョン]]本放送開始。
* [[3月22日|22日]] - [[NHK高松放送局]]、[[香川県]]を対象エリアとするUHF県域テレビジョン本放送開始。
* [[3月27日|27日]] - TBS系の児童向けドラマ『[[チャコとケンちゃん (1968年のテレビドラマ)|チャコとケンちゃん]]』(第1作)が、この日終了。主演の[[四方晴美]]はこれを以て、[[1962年]]開始の『[[パパの育児手帳]]』から続いた『[[ケンちゃんシリーズ|チャコちゃんシリーズ]]』から降板し、同シリーズも終了。代わって前作『[[チャコねえちゃん]]』から出演した[[宮脇健|宮脇康之(現:健)]]が主役となり、シリーズ名称も『[[ケンちゃんシリーズ]]』と改名する。
* [[4月7日|7日]] - NHK[[連続テレビ小説]]第9作『[[信子とおばあちゃん]]』放送開始( - 1970年4月4日)。
* [[4月9日|9日]] - NHK総合でこの日、『[[みんなの招待席]]』にて行われていたゲームを独立させたクイズゲーム番組『[[連想ゲーム]]』を放送開始( - 1991年3月)。
* [[4月27日|27日]] - [[日本テレビ放送網|日本テレビ]]系にて、[[コント55号]]司会の公開[[バラエティ番組]]『[[コント55号の裏番組をぶっとばせ!]]』が放送開始。[[野球拳]]の企画で人気を集めるが、全国の[[PTA]]から「[[低俗番組]]」とバッシングを浴びせられ、[[11月9日]]を以て「野球拳」は廃止、番組自体も1970年3月29日で終了した。なお「野球拳」は、[[11月26日]]より同局で『[[コント55号の野球ケン!!]]』として分離独立したが、1970年4月1日で終了した。
 
; 5月
** [[讀賣テレビ放送|よみうりテレビ]]・日本テレビ系で[[梶原一騎]]原作・[[辻なおき]]作画の[[漫画]]が原作の[[プロレス]]アニメ『[[タイガーマスク]]』([[東映アニメーション|東映動画]]制作)が放送開始( - 1971年9月30日)。
* [[10月4日|4日]]
** TBS系で[[ザ・ドリフターズ]]の公開[[生放送|生]]バラエティ番組『[[8時だョ!全員集合]]』が放送開始。ドリフのコントとゲスト歌手の歌をメインとした内容で、「子供にふさわしくない番組だ局との批判を受けながらも土曜夜8時枠看板人気番組として定着する( - 1985年9月28日<ref>ただし、1971年3月27日 - 同年9月25日の間は、ドリフメンバーが日本テレビ系『[[日曜日だョ!ドリフターズ!!]]』に出演のため休止し、[[ハナ肇とクレージーキャッツ]]出演の『[[8時だョ!出発進行]]』を[[つなぎ番組]]として放送した。</ref>)。
** 日本テレビ系で『[[ほろにがショー 何でもやりまショー|なんでもやりまショー]]』を開始、このワンコーナー『[[元祖どっきりカメラ|どっきりカメラ]]』が人気となる<ref>後年『[[木曜スペシャル]]』の一シリーズとして放送された。</ref>。
* [[10月5日|5日]]
* [[12月10日|10日]] - [[テレビ愛媛|愛媛放送(現・テレビ愛媛)]]が開局。
* [[12月31日|31日]]
**『[[第11回日本レコード大賞]]』の模様をTBSが生中継。大賞は[[佐良直美]]の『[[いいじゃないの幸せならば]]』。この年から[[第26回日本レコード大賞|第26回]]までの16年間、[[帝国劇場]]で開催され、[[第47回日本レコード大賞|第47回]]([[2005年]])までの37年間、[[日本レコード大賞]]は[[大晦日]]に行われた<ref>現在は[[12月30日]]に[[新国立劇場]]で行われている。</ref>。また、司会は元NHKアナウンサー[[高橋圭三]]が務め、彼は[[第25回日本レコード大賞|第25回]]([[1983年]])までの15年間レコ大の顔として親しまれてきた。
**『[[第20回NHK紅白歌合戦]]』放送。