「辛酸なめ子」の版間の差分

編集の要約なし
|公式サイト =
}}
'''辛酸 なめ子'''(しんさん なめこ、[[1974年]][[8月29日]]<ref>{{Cite web|author=辛酸なめ子|url=http://sinsan.blog.smatch.jp/about.html|title=プロフィール|work=辛酸なめ子の女一人マンション|publisher=スマッチ!|language=[[日本語]]|accessdate=2011-02-05}}</ref> - )は、[[日本]]の[[漫画家]]、[[コラムニスト]]<ref name="cuotation13"/>。女性メディア・アクティビスト<ref>{{Cite journal|和書|author=木村尚子、我妻正清、遠藤敏文|coauthors=|year=2006|month=12|title=専門家タレント解体新書|journal=[[日経エンタテインメント!]]|volume=10|issue=16|pages=pp.91|publisher=[[日経BP社]]|location=[[東京都]]|accessdate=2011-02-05}}</ref>。血液型A型。愛称は、「'''なめちゃん'''」。[[東京都]][[千代田区]]生まれ[[埼玉県]]育ち。血液型A型。愛称は、「'''なめちゃん'''」。[[武蔵野美術大学短期大学部]]デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業<ref name="cuotation13">{{Cite book|和書|chapter=QONVERSATIONS|title="QUOTATION" Worldwide Creative Journal|ncid=AA12509339|publisher=MATOI PUBLISHING|url=|volume=No.13|date=2012-12-12|pages=84-85}}</ref>。
 
== 経歴 ==
 
== 作風 ==
*アート作品は、自身が女性であることを逆手にとった作品や、「役に立たない珍発明」的な三次元作品などが主であるが、ほとんどが「人間関係についての強迫観念」をテーマとしている。
また、*慇懃でおっとりとした文体とは裏腹に、独特な画風と皮肉の効いたコラムで人気を博しており、「ガーリーな毒」と称される。現在、『[[週刊文春]]』の「ヨコモレ通信」、[[サイゾー]]の『女・一人修業』他、新聞・雑誌に多数の連載を抱えている。また、[[黒田清子|黒田清子(旧名:紀宮清子内親王)]]のファンであり、彼女の[[皇族]]時代には[[皇居]]の[[皇室#一般参賀|新年一般参賀]]に出向いたこともあったほか、小冊子『Saaya & Me』も作製した<ref>河上イチロー『サイバースペースからの挑戦状』雷韻出版、1999、pp.22-43「スーパーネットワーカーズ対談2 池松江美/辛酸なめ子」</ref>。[[護憲]]派にして(以下の共著参照)、日本の歴史と伝統を重んじる[[保守]]系[[皇室]]ウオッチャーの1人である。
 
*女性向けの最新流行文化を自ら体験し、それに対する違和感を皮肉たっぷりに表現する仕事が多いが、「[[ソウルメイト]]を探している」とたびたび発言し展覧会のテーマにするなど、[[ニューエイジ]]文化の一部についてはビリーバーである。サイン会ではサインと共に好きな動物などのイラストを描いてくれる<ref>{{Cite web|author=辛酸なめ子|authorlink=|coauthors=|date=2008-11-21|url=http://sinsan.blog.smatch.jp/blog/2008/11/post-e9e1.html|title=再起動の合間に…|work=辛酸なめ子の女一人マンション|pages=|publisher=スマッチ!|language=[[日本語]]|accessdate=2011-02-05}}</ref>。
また、慇懃でおっとりとした文体とは裏腹に、独特な画風と皮肉の効いたコラムで人気を博しており、「ガーリーな毒」と称される。現在、『[[週刊文春]]』の「ヨコモレ通信」、[[サイゾー]]の『女・一人修業』他、新聞・雑誌に多数の連載を抱えている。また、[[黒田清子|黒田清子(旧名:紀宮清子内親王)]]のファンであり、彼女の[[皇族]]時代には[[皇居]]の[[皇室#一般参賀|新年一般参賀]]に出向いたこともあったほか、小冊子『Saaya & Me』も作製した<ref>河上イチロー『サイバースペースからの挑戦状』雷韻出版、1999、pp.22-43「スーパーネットワーカーズ対談2 池松江美/辛酸なめ子」</ref>。[[護憲]]派にして(以下の共著参照)、日本の歴史と伝統を重んじる[[保守]]系[[皇室]]ウオッチャーの1人である。
 
女性向けの最新流行文化を自ら体験し、それに対する違和感を皮肉たっぷりに表現する仕事が多いが、「[[ソウルメイト]]を探している」とたびたび発言し展覧会のテーマにするなど、[[ニューエイジ]]文化の一部についてはビリーバーである。サイン会ではサインと共に好きな動物などのイラストを描いてくれる<ref>{{Cite web|author=辛酸なめ子|authorlink=|coauthors=|date=2008-11-21|url=http://sinsan.blog.smatch.jp/blog/2008/11/post-e9e1.html|title=再起動の合間に…|work=辛酸なめ子の女一人マンション|pages=|publisher=スマッチ!|language=[[日本語]]|accessdate=2011-02-05}}</ref>。
 
== 人物 ==
*[[SPEED]]の曲で自らは体験できなかった青春を味わっている。[[ブリトニー・スピアーズ]]のファンで、ブリトニーが経営するレストランに赴き、いずれはブリトニーの口に入るかもしれないという彼女ならではの発想で、出されたフォークなどをなめまくった、という逸話がある。
*[[パリス・ヒルトン]]、[[リリー・アレン]]、[[ケイティ・ペリー]]<ref>{{Cite web|author=辛酸なめ子|authorlink=|coauthors=|date=|url=http://www.mtvjapan.com/special/katy/|title=ケイティ・ペリー×辛酸なめ子SPECIAL KISS A GIRL CONTEST |work=|pages=|publisher=MTV JAPAN|language=[[日本語]]|accessdate=2011-02-05}}</ref>など海外[[セレブリティ]]へのインタビューを行っている。アレンのシングル「スマイル」には、辛酸が手がけた公式の日本語訳も存在する<ref>{{Cite web|author=|authorlink=|coauthors=|date=|url=http://listen.jp/store/artist_1173077.htm|title=試聴:Lily Allen (りりー・あれん)(リリー・アレン)|work=|pages=|publisher=リッスンジャパン|language=[[日本語]]|accessdate=2011-02-05}}</ref>。
 
*[[2012年]](平成24年)[[5月10日]]に、[[日活]]の創立100周年記念企画「生きつづけるロマンポルノ」の「女子限定 ロマンポルノ予習イベント」に登壇して、はじめて[[日活ロマンポルノ|ロマンポルノ]]を鑑賞した際、「73年から75年の[[ベビーブーム]]は、このロマンポルノの影響で人々が性行為をしたくなって[[出生率]]が上がったんでしょうか」などの解釈を披露した<ref>[http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=3919 ロマンポルノで少子化解消!? 辛酸なめ子が女子会で珍説披露!] 2012年5月11日 ''[[ムービーコレクション]]''</ref>。
[[パリス・ヒルトン]]、[[リリー・アレン]]、[[ケイティ・ペリー]]<ref>{{Cite web|author=辛酸なめ子|authorlink=|coauthors=|date=|url=http://www.mtvjapan.com/special/katy/|title=ケイティ・ペリー×辛酸なめ子SPECIAL KISS A GIRL CONTEST |work=|pages=|publisher=MTV JAPAN|language=[[日本語]]|accessdate=2011-02-05}}</ref>など海外[[セレブリティ]]へのインタビューを行っている。アレンのシングル「スマイル」には、辛酸が手がけた公式の日本語訳も存在する<ref>{{Cite web|author=|authorlink=|coauthors=|date=|url=http://listen.jp/store/artist_1173077.htm|title=試聴:Lily Allen (りりー・あれん)(リリー・アレン)|work=|pages=|publisher=リッスンジャパン|language=[[日本語]]|accessdate=2011-02-05}}</ref>。
*[[横尾忠則]]を尊敬している。また[[草間彌生]]のファンである<ref>{{cite interview |subject= 辛酸なめ子|subjectlink= |interviewer=岡部あおみ
 
[[2012年]](平成24年)[[5月10日]]に、[[日活]]の創立100周年記念企画「生きつづけるロマンポルノ」の「女子限定 ロマンポルノ予習イベント」に登壇して、はじめて[[日活ロマンポルノ|ロマンポルノ]]を鑑賞した際、「73年から75年の[[ベビーブーム]]は、このロマンポルノの影響で人々が性行為をしたくなって[[出生率]]が上がったんでしょうか」などの解釈を披露した<ref>[http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=3919 ロマンポルノで少子化解消!? 辛酸なめ子が女子会で珍説披露!] 2012年5月11日 ''[[ムービーコレクション]]''</ref>。
 
[[横尾忠則]]を尊敬している。また[[草間彌生]]のファンである<ref>{{cite interview |subject= 辛酸なめ子|subjectlink= |interviewer=岡部あおみ
|title= インタヴュー|url=http://apm.musabi.ac.jp/imsc/cp/menu/artist/shinsan_nameko/interview.html|callsign = |city= [[東京都]]|date= 2004-12-08|program= Culture Power |accessdate=2011-02-05}}</ref>。
*「自分にはフランス人の、しかも貴族の血が流れていたらいいな」と思っていたが、病気のリスクを知ることが出来るという[[アメリカ合衆国]]の遺伝子検査「{{仮リンク|23andMe|en|23andMe}}」を受けた際、祖先の人種構成は80.79%が日本人、祖先が居住していた国は日本・[[モンゴル]]・[[中国]]で、白人の血は含まれていないという結果が出て落胆した<ref name="newspostseven20140210"/>。また、[[心室細動]]や[[アルツハイマー型認知症|アルツハイマー]]のリスクは平均値より高く<ref name="newspostseven20140210"/>、[[ノロウイルス]]への抵抗は「耐性なし」<ref name="newspostseven20140210"/>、筋肉パフォーマンスは「スプリンター並み」<ref name="newspostseven20140210"/>などの結果が出た。
 
*職業柄、仕事とプライベートの境目がつきづらいので、合間に出来ることで続いている趣味が、陰謀論や都市伝説の探究。それ以前はワーカーホリック気味であったが、2010年頃に取材で米国人と雑談中、「趣味が無い」と言うと、「何て虚しい人生だ」と憐れまれ、趣味を持つようになった<ref>AERA 2017年7月31日号</ref>。
「自分にはフランス人の、しかも貴族の血が流れていたらいいな」と思っていたが、病気のリスクを知ることが出来るという[[アメリカ合衆国]]の遺伝子検査「{{仮リンク|23andMe|en|23andMe}}」を受けた際、祖先の人種構成は80.79%が日本人、祖先が居住していた国は日本・[[モンゴル]]・[[中国]]で、白人の血は含まれていないという結果が出て落胆した<ref name="newspostseven20140210"/>。また、[[心室細動]]や[[アルツハイマー型認知症|アルツハイマー]]のリスクは平均値より高く<ref name="newspostseven20140210"/>、[[ノロウイルス]]への抵抗は「耐性なし」<ref name="newspostseven20140210"/>、筋肉パフォーマンスは「スプリンター並み」<ref name="newspostseven20140210"/>などの結果が出た。
 
職業柄、仕事とプライベートの境目がつきづらいので、合間に出来ることで続いている趣味が、陰謀論や都市伝説の探究。それ以前はワーカーホリック気味であったが、2010年頃に取材で米国人と雑談中、「趣味が無い」と言うと、「何て虚しい人生だ」と憐れまれ、趣味を持つようになった<ref>AERA 2017年7月31日号</ref>。
 
== 主な作品 ==
14,801

回編集