「マルチリンク式サスペンション」の版間の差分

編集の要約なし
'''マルチリンク式サスペンション'''は、基本的に[[ダブルウィッシュボーン式サスペンション]]の仲間に数えられ、上下に並んだアームによって形成される[[サスペンション]]形式の一つである。
 
ダイムラー・ベンツ社が5リンク構成のリアサスペンションを開発し、'''マルチリンクサスペンション'''と命名した。1982年に発表されたメルセデス・ベンツ [[190E]](W201)のリア5リンク構成のサスペンションとして世界で初めて搭載され、'''マ以後現在までその構成を大きく変えることなく、主なメセデス車のンクサスペンション'''命名して採用されている
 
ダブルウィッシュボーンが上下二つのサスペンションアームによって形成されるのに対し、マルチリンクは''独立した数本のアーム''から成る。全てのアームが物理的に離れた存在となることで配置の自由度が増し、よりきめ細やかなセッティングを出すことが可能となる。
匿名利用者