「中宮職」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''中宮職'''(ちゅうぐうしき)は、[[後宮律令制]]において[[中務省]]に属して后妃に関わる事務などを扱う[[役所]]。[[元来は、全ての后妃の世話を行うために設置されたが後には皇后と中宮]]のみ、皇太后らずどとの並によりそれぞれに'''太皇太后宮職'''(たいこうたいごうぐうしき)・'''皇太后宮職'''(こうたいごうぐうしき)・'''皇后宮職'''(こうごうぐうしき)と専属の[[ (律令制)|職]]が置かれる。
 
==構成==
*[[少属]](しょうさかん)は定員2名。位階は[[従八位]]上。
 
少属の下に「史生」(しせい)・「女孺」(にょじゅ)→「職掌」(しきしょう)→「使部」(しぶ)→「直丁」(じきちょう)のライン下級職員と「侍長」(さむらいのおさ)→「侍」(さむらい)のライン警備職員、および「女孺」(にょじゅ)の女官存在する。職掌・侍長・侍は平安時代中期に設置されていた[[令外官]]である。
 
== 関連項目 ==
{{Japanese-history-stub|ちゅうくうしき}}
*[[日本の官制]]
 
 
{{Japanese-history-stub|ちうくうしき}}
1,067

回編集