「アルコールデヒドロゲナーゼ」の版間の差分

m
mhchem syntax
m (mhchem syntax)
'''アルコールデヒドロゲナーゼ''' (EC.1.1.1.1, EC.1.1.1.2, EC.1.1.1.71) は[[アルコール]]を酸化して[[アルデヒド]]にする反応を触媒する[[酵素]]。'''アルコール脱水素酵素'''とも呼ばれる。
 
: <cechem>CH3CH2OH\ + NAD^+ -> CH3CHO\ + NADH\ + H^+</cechem>
 
人間の場合、少なくとも6種の[[アイソフォーム]]が存在する。肝臓に多く存在し、エタノールを摂取した時に働く。
130

回編集