「ホスフィン」の版間の差分

m
mhchem syntax
m (mhchem syntax)
[[アンモニア]]と同様に強酸性媒体中で[[水素イオン]]を受け取り[[ホスホニウム]][[イオン]] <ce>PH4{}^+</ce> となる[[塩基]]としての作用を持つが、アンモニアと比べて弱塩基であり、[[水溶液]]中では水分子から水素イオンを受け取り[[水酸化物イオン]] OH<sup>-</sup> を放出する作用は極めて弱い。
 
:<cechem>H2O\ + PH3\ <=>\ PH4^+\ + OH^-</cechem>,   <math>\mbox{p}K_{b} = 26 \,</math>
<!--溶媒不明のためコメントアウト
*[[溶解度]] 31.2 mg/100 mL (17℃)
==生成方法==
*[[リン化カルシウム]]に[[水]]を加える反応による。
:<cechem>
Ca3P2\ + 6H2O -> 3Ca(OH)2\ + 2PH3
</cechem>
 
==有機リン化合物==
130

回編集