「塩化水素」の版間の差分

m
mhchem syntax
m (式 math -> ce)
m (mhchem syntax)
== 概要 ==
塩化水素は常温常圧下では気体であり、塩化水素の水溶液を[[塩酸]]と呼ぶ。気体の塩化水素は、塩化水素[[分子]]として存在し、水溶液である塩酸中では、塩化水素はほぼ完全に正負のイオンに電離している。
: <cechem>{HCl} + H2O -> {H3O^+} + Cl^-</cechem>
常温常圧下で、濃度がほぼ25%以上の塩酸には発煙性がある。
 
== 発生方法 ==
塩化水素は水素と塩素の反応で得る。
: <cechem>{H2} + Cl2 -> 2HCl</cechem>
 
もしくは[[塩化ナトリウム]]と[[硫酸|濃硫酸]]の反応によって得ることができる。この反応では、濃硫酸が塩化水素より強酸であり且つ、硫酸が不揮発性で塩化水素が揮発性であることが重要である。
: <cechem>{NaCl} + H2SO4 -> {NaHSO4} + HCl</cechem>
 
塩化ナトリウム + 濃硫酸 → [[硫酸水素ナトリウム]] + 塩化水素
 
工業的には[[塩化ナトリウム]]水溶液の[[電気分解]]によって[[水酸化ナトリウム]]とともに[[水素]]と[[塩素]]を生成し、その後水素と塩素を混合して作る([[イオン交換膜]]法)。近年では、以下の反応のように塩化ビニルや塩化ビニリデンなどの製造の副生成物として回収される塩化水素の生産量のほうが多い。
: <cechem>{RH} + Cl2 -> {RCl} + 2HCl</cechem>
(R:アルキル基、ビニル基など)
 
130

回編集