「フラウト・トラヴェルソ」の版間の差分

m
* [[ミシェル・ブラヴェ]](フランス)…演奏家兼作曲家。ヨーロッパ中で演奏を披露した。
* [[フランソワ・ドゥヴィエンヌ]](フランス)…[[パリ音楽院]]の初代フルート教授。既に多キーのフルートも登場していたが、最期まで1キーフルートのみを演奏した。
また、この頃フラウト・トラヴェルソを演奏することは王侯貴族のたしなみとして盛んに愛好されており、特に[[フリードリヒ2世 (プロイセン王)|フリードリヒ2世]]はフラウト・トラヴェルソの名手だったこで有名であして知られている。
 
トラヴェルソは音量や音程面の改良が進められる中でしだいにクラシカル・フルートへと変化していったが、20世紀後半になってから一連の[[古楽]]復興運動の中で再び演奏される機会が増え、演奏家の育成も進んでいる。以下に代表的な現代の演奏家の名前を挙げる。[[古楽#主要な古楽演奏家]]も参照。
6,691

回編集