「単相交流」の版間の差分

編集の要約なし
(123.230.232.212 (会話) による ID:65992513 の版を取り消し)
[[ファイル:AC wave.gif|thumb|単相交流の波形]]
'''単相交流'''(たんそうこうりゅう)は、2本の電線を用いて交流電流を伝送する方法である<ref name="pocket-book">[[電気学会]]編 『電気工学ポケットブック』 第11編 送電 2.2.2 - 2.2.5、[[オーム社]]、1959年</ref>。[[三相交流]]に対して電力の伝達効率は低いため、送配電用の方法としては用いられず、主に低圧配電系統(低圧電灯線)に用いられる<ref name="souhaiden">電気学会 『送配電工学』 第4章 配電、オーム社、1980年</ref>。
 
[[電力会社]]など電気関係では慣習的に単相交流電源を'''電灯'''(でんとう)<ref>高田昌之「[http://www.tl.cc.uec.ac.jp/~takata/Power/LowVoltage.html 低圧配電線路]」『身近な配電送電設備たち』</ref>、主に[[交流電動機]]の駆動に用いられる[[三相交流]]電源を'''動力'''(どうりょく)と呼ぶ<ref name=wdic>「[http://www.wdic.org/w/SCI/%E4%B8%89%E7%9B%B8%E4%BA%A4%E6%B5%81 三相交流]」『[[通信用語の基礎知識]]』 2007年10月30日</ref>。
 
==日本における単相交流配電方式==