「国原吉之助」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''国原 吉之助'''(國原 吉之助、くにはら きちのすけ、[[1926年]][[2月27日]]<ref>『著作権台帳』</ref> - [[2017年]][[4月25日]])は、[[日本]]の[[言語学者]]、[[西洋古典学]]者。[[名古屋大学]]名誉教授。専門は[[ラテン語]]と[[ラテン文学]]で、多数の原典史書を訳し専門辞書の編纂を行った。
 
== 人物 ==
 
== 著書・編著 ==
*『中世ラテン語入門』(編著) [[南江堂]] 1975 / 新版 [[大学書林]] 2007.1
*『古典ラテン語辞典』 大学書林 2005.5、増訂版2016.12
*『ラテン詩への誘い』(編著) 大学書林 2009.2
 
=== 共編著 ===
*『新ラテン文法』 [[松平千秋]]共編著 南江堂 1972 / 改訂版 東洋出版 1992.9
*『医学ラテン語』 [[酒井恒 (解剖学者)|酒井恒]]共編 南江堂 1978
*『ポケット医学ラテン語辞典』 酒井恒共編 南江堂 1989
 
=== 翻訳 ===
*『黄金のろば』 [[アプレイウス]]『[[黄金のろば]]』[[呉茂一]]共訳 [[岩波文庫]](上下) 1956-57、復刊1989、1997ほか
**改訳版 『黄金の驢馬』 岩波文庫(全1巻) 2013.7。旧版は下巻を担当
*『[[世界古典文学全集]]22 [[タキトゥス]]』 [[筑摩書房]] 1965、復刊1982、2005ほか。「年代記」、「[[ゲルマニア (書物)|ゲルマニア]]」、「アグリコラ」
*アラン・ミシェル『ローマの政治思想』 アラン・ミシェル、高田邦彦共訳 白水社〈文庫クセジュ〉 1974
*『[[ガイウス・ユリウス・カエサル|カエサル]]文集』 ガイウス・カエサル 筑摩書房 1981.3
**『[[ガリア戦記]]』[[角川文庫]] 1970 [[講談社学術文庫]] 1994.5 / 初刊・角川文庫 1970
**『[[内乱記]]』 講談社学術文庫 1996.6
*タキトゥス『年代記 [[ティベリウス]]帝から[[ネロ]]帝へ』 タキトゥス 岩波文庫(上下) 1981.4 
*『俗ラテン語』 ジョゼフ・ヘルマン 『俗ラテン語』[[新村猛]]共訳 白水社〈文庫クセジュ〉 1985
*『ローマ皇帝伝』 [[ガイウス・スエトニウス・トランクィッルス|スエトニウス]] 『ローマ皇帝伝』岩波文庫(上下) 1986.9)1986 
*『カロルス大帝伝』 エインハルドゥス / ノトケルス 『[[カール大帝|カロルス大帝]]伝』筑摩書房 1988.3
* [[ペトロニウス]]『[[サテュリコン]]-古代ローマの諷刺小説』 [[ペトロニウス]] 岩波文庫 1991.7
*タキトゥス『ゲルマニア・アグリコラ』 タキトゥス [[ちくま学芸文庫]] 1996.7 
*タキトゥス『同時代史』 タキトゥス 筑摩書房 1996.10/1996/ちくま学芸文庫 2012.3
*『[[ガイウス・プリニウス・セクンドゥス|プリニウス]]書簡集 ローマ帝国一貴紳の生活と信条』 講談社学術文庫 1999.3
*『ローマ諷刺詩集』 ペルシウス / [[ユウェナリス|ユウェナーリス ]]『ローマ諷刺詩集』岩波文庫 2012.5
 
== 参考 ==
* 國原吉之助教授 略歴業績目録「名古屋大学文学部研究論集」1988
==脚注==
 
{{Reflist}}
{{Normdaten}}
 
匿名利用者