「国民党 (ウルグアイ)」の版間の差分

編集の要約なし
m
|その他 =
}}
'''国民党'''(こくみんとう、'''{{lang-es-short|Partido Nacional'''}})は、[[ウルグアイ]]の政党であり、[[2004年]]の選挙で[[拡大戦線 (ウルグアイ)|拡大戦線]]が勝利するまでは伝統的なウルグアイの[[二大政党制]]の一角を保ってきた。ブランコ党(Partido Blanco))と呼ばれることが多く、ブランコは白を意味する。[[保守]]主義者の党であり、農村の地主などを支持層にして成立した。19世紀においては{{仮リンク|バルトロメ・ミトレ|es|Bartolomé Mitre|en|Bartolomé Mitre}}が台頭するまで親[[アルゼンチン]]派だった。[[コロラド党 (ウルグアイ)|コロラド党]]としばしば[[内戦]]を繰り返し、[[ソラノ・ロペス]]と共に[[三国同盟戦争]]のきっかけを作った党でもある。このような政治対立が内戦に発展するのが解消するには[[ホセ・バッジェ・イ・オルドーニェス]]の改革を待たなければならなかった。
 
== 歴史 ==
19世紀半ばから20世紀を通してウルグアイの野党であり、1958年の選挙でコロラド党に勝つまでの1865年から1959年までがコロラド党政権だった。軍事政権の終焉以降は、[[ルイス・アルベルト・ラカージェ]]大統領(任期1990年 - 1995年)のもと政権に返り咲いた。
 
== 関連項目 ==
*[[コロラド党 (ウルグアイ) ]]
 
 
{{ウルグアイの政党}}
{{Poli-stub}}
{{UY-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:こくみんとう}}
[[Category:ウルグアイの政党]]
[[Category:ウルグアイ内戦]]
{{DEFAULTSORT:こくみんとう}}
{{Poli-stub}}
{{UY-stub}}
匿名利用者