「一休さん (テレビアニメ)」の版間の差分

整理
(整理)
[[1975年]][[10月15日]]から[[1982年]][[6月28日]]まで、NETテレビ(日本教育テレビ、本放送中の[[1977年]]より[[テレビ朝日]])[[オールニッポン・ニュースネットワーク|系列]]で全296話が放送された。[[中央児童福祉審議会]]推薦番組。
 
制作は東映動画(現・[[東映アニメーション]])。東映および東映アニメーションが製作してきた、シリーズでない単体のアニメ作品としては、2007年に『[[ONE PIECE (アニメ)|ONE PIECE]]』に破られるまで最長の話数だった。[[1979年]]にはTBSの『[[ブラザー劇場]]』を終了に追い込んでいる
 
もともとは1クール(3カ月)の予定だった<ref>ラジオ番組『[[大アニメ博覧会]]』に一休役の藤田が出演した時のトークより</ref>とされる。
 
初期は[[日本財団|日本船舶振興会]](会長が[[笹川良一]]の時代。現:[[日本財団]])の[[一社提供|単独提供]]番組で、間のCMは[[山本直純]]作曲「火の用心のうた」がよくOAされていた。当初は水曜19:30からの放送だったが、『[[水曜スペシャル]]』のため半年後に月曜19:30に移動した。放送末期のスポンサーは[[ハウス食品]]の一社提供に変更、提供読み上げは[[増山江威子]]が担当した<ref>増山は同じくハウス提供の次作『[[The・かぼちゃワイン]]』の読み上げも担当した。</ref>。
 
1960年代末に日本の民話をアニメ化する企画がこのアニメの原案である。その際、他の物語が数案あったが、最終的にこの物語に決定した。しかし、衣装の古さや仏教色の強さなどから、作品が日の目を見るには、本放送期間並みの年月を要することになった<ref>「テレビ ヒット番組のひみつ 「ジェスチャー」から「おしん」まで」(志賀信夫/著)、日本放送出版協会</ref>。
匿名利用者