「郷土料理」の版間の差分

m
jstage -> doi
m (jstage -> doi)
 
== 定義 ==
研究家により解釈と定義は異なる<ref name=ajg.2016a.0_100058>春日千鶴葉、柏木良明、[https://wwwdoi.jstageorg/10.jst.go.jp/article14866/ajg/.2016a/0/2016a_100058/_article/-char/ja/.0_100058 長野県の郷土料理における地域的特性の比較] 2016年度日本地理学会秋季学術大会 セッションID:215, {{doi|10.14866/ajg.2016a.0_100058}}</ref>。
* 岡本 ほか(1987)<ref name=jhej1987.38.425>
岡本順子、加藤みゆき、大森正司 ほか、[https://wwwdoi.jstageorg/10.jst.go.jp/article11428/jhej1987/.38/5/38_5_425/_article/-char/ja/.425 データベースによる郷土料理の構造解析] 日本家政学会誌 Vol.38 (1987) No.5 P.425-429, {{doi|10.11428/jhej1987.38.425}}</ref>は、
** 郷土料理とは、その地方の特産品をその地方に適した方法で調理したものをいう。
* 木村(1974)<ref>木村ムツ子、[https://wwwdoi.jstageorg/10.jst4157/grj.go47.jp/article/grj1925/47/6/47_6_394/_article/-char/ja/394 郷土料理の地理的分布] 地理学評論 Vol.47 (1974) No.6 P.394-401, {{doi|10.4157/grj.47.394}}</ref>は、
*# ある地域に古くから行われている食形態で他地方にはみられない特色を有し、その発生が明治以前であるものである。但し、北海道に限っては明治末期までとする。
*# 現在は比較的広範囲の各地の人々に食されているが、江戸時代までは限られた範囲の地域の民衆生活のみ定着していた食形態であるもの。
 
== 現状 ==
食品の流通、加工、貯蔵の各技術の近代化により食品の均質化と家庭内調理法の画一化が進み食生活の地方色が薄れつつある<ref name=jhej1987.38.425 />と指摘されている。また、古くは各家庭で調理されていたが、工場で生産された調理済み品を購入する形態が増加している<ref>中村喜代美、新澤祥恵、[https://wwwdoi.jstageorg/10.jst.go.jp/article11402/ajscs/.14/.0.49.0/14_0_49/_article/-char/ja/ 現代の食生活における郷土食 郷土料理の調理実態] 日本調理科学会 平成14年度日本調理科学会大会 P.49, {{doi|10.11402/ajscs.14.0.49.0}}</ref>。
 
現代では'''郷土料理'''にアレンジと新たな地域産品を加え、地域興しを兼ねた'''ご当地グルメ'''が各地で観光資源として商品化されている<ref>村上喜郁、「{{PDFlink|[http://library.tourism.ac.jp/pdf/no.10YosifumiMurakami.pdf ご当地グルメの競争優位構築に関する予備的考察]}}」大阪観光大学紀要開学 (2010)</ref>。
 
== 外部リンク ==
* 松下幸子、[https://wwwdoi.jstageorg/10.jst.go.jp/article11402/cookeryscience1968/.7/3/7_164/_article/-char/ja/.3_164 いわしの郷土料理の系譜] 調理科学 Vol.7 (1974) No.3 p.164-168, {{DOI|10.11402/cookeryscience1968.7.3_164}}
* 志賀リツ、[https://wwwdoi.jstageorg/10.jst.go.jp/article11402/cookeryscience1968/.10/4/10_199/_article/-char/ja/.4_199 日向の郷土料理] 調理科学 Vol.10 (1977) No.4 p.199-204, {{doi|10.11402/cookeryscience1968.10.4_199}}
 
{{Food-stub}}