「RPG伝説ヘポイ」の版間の差分

: 序盤に登場した魔王軍の幹部で、ドラゴニアを司る。マジカルダイム・「ロックーン」でパル爺ちゃんを石化させ、ゴーストキャッスルや部下を使いヘポイを苦しめる。その正体は「ジャー君」のあだ名で呼ばれている[[炊飯器]]売りで、ドラクネスの被せた兜の力により操られていた。中盤にてダークヘポリスを大量に注ぎ込まれて強化されるもヘポイに兜を破壊されて敗れ、元のジャー君に戻る。ちなみにジャーとは炊飯器のこと。
; ガンガンジー
: 声 - [[森川智之]]
: ジャークンの次にヘポイと対峙する幹部で、ガイストンを司る。語尾に「〜ガン」と付ける。肉弾戦を挑む場面が多く、持ち前の力に任せた戦いをする。武器の棍棒はプロペラのように振り回して空を飛ぶことも可能で、先端にはバトルキャッスルの魂を封じ込めた「封印魔石(ふういんませき)」が隠されている。プラントキャッスルを使う。バトルキャッスルの持つ「勇者のリング」と魔石を奪っていたが、ヘポイとブンザエモンにより奪還される。鎧玉争奪戦の途中でバラバラになり、ヘポイに助けてもらうこともあった。その際に寝言でヘポイに感謝しており、へポイは彼が根っからの悪ではないことに気付く。ヘポイに組み立てられた際に余っていたダークヘポリスの源となる部分を角のように額に取り付けられて凶暴化・パワーアップし、角から熱光線を発射可能となる。ヘポイに角を切り落とされて敗れ、道祖神に戻る。
; ノーデンキング/ノーテン・キンギョ
8,055

回編集