「府兵制」の版間の差分

誤字修正など
(誤字修正など)
府兵制以前に行われていたのが[[兵戸制]]である。これは特定の家に対して永代の兵役義務を負わせるもので、その元は[[魏 (三国)|魏]]の[[曹操]]が[[黄巾党]]の残党30万を配下に入れた青州兵である。その後、兵戸制は南朝・北朝に受け継がれ、南朝では文治重視をして武を軽視する考え方から兵戸の没落を招き、[[宋 (南朝)|宋]]代に崩壊していた。しかし北朝では[[鮮卑]]の持つ尚武的な気風から兵戸の地位は概して高く、比較的長い間保持されていた。[[北魏]]での兵戸は鎮と呼ばれ、特に首都・平城を北の[[柔然]]から守る六鎮の地位は高く、領土の統治権も持っていた。
 
しかしその北魏でも[[孝文帝 (北魏)|孝文帝]]の漢化政策により、文治の思想が広まり、兵戸の地位は次第に下がり、更にそれまで領土の統治権も中央からの郡県に奪われ、その生活は郡県からの援助を持って成り立つようになった。特に首都が平城から[[洛陽]]に遷ったことで六鎮の地位は暴落し、これに不満を持った鎮の構成員たちは[[六鎮の乱]]を起こす。
 
== 府兵制の前身 ==
この府兵軍団を率いるのが全体の統括者で[[丞相]](大冢宰)でもある宇文泰であった。六柱国(宇文泰自身と西魏の宗室を含めて八柱国) - 十二大将軍 - 二十四開府という軍制になり、一つの開府に一軍があり、軍はいくつかの「団」によって構成され、儀同将軍、[[大都督]]、帥都督、[[都督]]といった指揮官が置かれた。郷兵部隊は、このような軍団組織に組み込まれ「府兵」と呼ばれた。「府兵」は、[[租庸調]]と労役を免除され、戦士として必要な馬や食糧は六軒の家が共同で負担した。胡族の人々にとってはかつての誇りをとりもどす方向になり、漢人の郷兵にとっても貴族制下の身分格差からの解放の意味があった。このように、栄誉ある自弁の戦士として自発的に軍に参加するという民衆の意識に支えられて「府兵制」は成立した。また、このことによって軍隊を抱えることによる国家財政の負担も軽減された。
 
この軍制の将軍である八柱国・十二大将軍は西魏とその後の[[北周]]にとっての有力者の家系となり、後の[[隋]]の楊氏は大将軍の唐の李氏は柱国の家系である。
 
== 隋唐府兵制 ==
匿名利用者