「M51 (モッズコート)」の版間の差分

編集の要約なし
;生地など
:生地はオリーブグリーン色の薄手の[[コットン]][[ナイロン]][[平織|オックスフォード]]地である。
:生地のバリエーションとして、厚手のコットン[[繻子織|サテン]]地の製品も見られ、この厚手生地のタイプは一般的に「初期型」とされていたが、米軍[[MIL規格]]仕様書では1951年3月の初版スペックからすでにコットンナイロンオックスフォード地を指定している<ref name="MIL-P-11013(QMC)"/>ことが確認された。したがって厚手生地の製品の位置付けについては、謎が残されているが、厚生地(コットンサテン、コットン[[綾織|ツイル]])の製品は、確認できる全例が1951年[[5月21日]]付もしくは[[5月24日]]付コントラクトであり、また同年の[[7月31日]]付コントラクトにはすでに薄生地(コットンナイロンオックスフォード)の製品が観察される。このことにより、初年度においては5月コントラクトのみが厚生地で、7月には薄型に移行したのではないかと考察される<ref>[http://parkashell.exblog.jp/19697897/ M-51Parkaに関する2,3の事柄 MIL規格P-11013(QMC)における初期コントラクト年月日と生地の関係について]</ref>。
;ファスナー、スナップボタン
:正面は大型の[[線ファスナー|スライドファスナー]](ジッパー)およびスナップボタン(ドットボタン)にて閉じる仕様となっている。ファスナーは[[アルミニウム合金|アルミ]]または[[黄銅|真鍮]]製。
:なお、この本体(シェル)にはアタッチメントとして、仕様番号MIL-P-11012にて規定される[[ウール]][[パイル織物|パイル]]地の防寒[[ライナー]]で正式名称「PARKA LINER, M-1951」、仕様番号MIL-H-11023にて規定される[[毛 (動物)|獣毛]]でトリミングされた防寒フードで正式名称「HOOD, PARKA, M-1951」を取り付け、より防寒機能を向上させることができる。
 
== 呼称 ==
米軍[[MIL規格]]仕様番号MIL-P-11013(1951年[[3月14日]])<ref name="MIL-P-11013(QMC)">[http://parkashell.exblog.jp/11699532/ M-51Parkaに関する2,3の事柄 MIL-P-11013 (初版) 14 March 1951]</ref>により規定される名称は、「PARKA SHELL M-1951」となっている。
 
モッズコートという呼称は、[[イギリス]]の[[モッズ]]に愛用されていたことが由来である。[[朝鮮戦争]]で使用するため大量に発注、製造されたものの、戦争が早期に終息したために大量の在庫が発生。その結果、市場に大量に放出されることとなり、当時のイギリスの若者の間で丈夫で安く手に入るコートということで人気になり、普及するに至った。
匿名利用者