メインメニューを開く

差分

== 史跡での復元 ==
史跡での復元事業を行う場合は文化庁の許可が必要であり、文化庁は先史時代(縄文・弥生、[[登呂遺跡]]などの竪穴式住居)の史跡については比較的、緩やかな基準であるが、中世以降の社寺や城郭などの史跡の復元に関しては絵図面や図面、古写真やその他の工事の記録文書などの客観的な資料が発見される可能性がある為、文化財保護の立場での要件を厳しくした[[1967年]](昭和42年)以降は厳しい基準で臨んでおり、復元するに足る資料を集めて復元建造物の外観だけでなく、内部構造なども絵図面、写真、工事記録等に基づいた復元が「慎重に」という形容詞付きで求めらている<ref>[http://www.bunka.go.jp/pr/publish/bunkachou_geppou/2012_07/series_15/series_15.html 文化庁 文化庁月報 連載 「文化財行政の現代的な課題 」- 史跡の現地保存,凍結保存,及び復元について]</ref>
。史跡指定の天守閣復元に関して戦災で失った[[小田原城]]、[[名古屋城]]、[[熊本城]]、[[若松城]]などが戦後復興で外観復元による鉄筋コンクリート造りで建てられたが1967年(昭和42年)以降はこのような鉄筋コンクリート造りなど史実に基づかず、忠実でない復元はなされていない。1967年(昭和42年)以降行われた史跡での復元は平城宮跡の「大極殿」と「朱雀門」や[[篠山城]]の大書院や[[首里城]]跡の正殿や[[金沢城]]などが復元されており、資料から史実に基づく精度の高い図面から復元する事が求められた。現在、史跡での復元は名古屋城や小田原城などが木造天守による復元計画がある一方で、文化庁の史跡等における歴史的建造物の復元の基準(非公開)に基づき可否を判断しているが自治体等からは文化庁の同基準に基づいて行う指導(特に「遺構」、「写真」、「指図(説計図)」の3項目の資料が不可欠)が厳格で、地域の史跡での歴史的建造物の復元が出来ないとの声もあり、復元計画がある[[高松城 (讃岐国)|高松城]]跡では天守内部の資料が乏しい理由で、文化庁から天守の復元の許可が得られない状態が続いており、[[徳島城]]の天守や[[仙台城]]の懸造りでも「遺構」、「写真」、「指図(説計図)」が備わっていないため復元が出来ない
 
== 脚注 ==
匿名利用者