「青山景通」の版間の差分

編集の要約なし
'''青山景通'''(あおやまかげみち、[[1819年]]([[文政]]2年) - [[1891年]]([[明治]]24年)[[12月11日]])は、[[幕末]]から明治の[[日本]]の[[復古神道]]家。[[美濃国]][[苗木藩]]の下級藩士。通称は'''稲吉'''(いなきち)。[[青山直]]は長男、[[東京帝国大学]]の[[医学博士]]で後に[[男爵]]となった[[青山胤通]]は三男。[[江戸]]で[[平田篤胤]]の[[門人]]となり、[[書道|書]]を[[三好想山]]より学んだ。王政復古期の改革で子の直とともに重要な役割を担った。『経済総論』の写本も行っている。
 
== 人物略歴 ==
 
== 廃仏毀釈 ==
維新後の苗木藩では、[[平田国学]]の影響を受けた藩政改革が図られ、藩の[[大参事]]となった長男の[[青]]とともに藩内の[[廃仏毀釈]]を徹底的に実行([[東白川村]]の蟠龍寺などの例がある)、政府の神道国教化政策にしたがって[[神仏分離]]を推進した<ref name=kotobank/>。明治3年9月27日、苗木藩庁は、支配地一同が神葬改宗したので、管内の15か寺の廃寺と、その寺僧たちに還俗を申し付けたことを、弁官(中央役人)に届けた。
*恵那郡
**[[苗木町|苗木村]] 雲林寺・仏好寺
**福岡村 片岡寺 
**[[蛭川村]] 宝林寺 
**坂下村 長昌寺
**高山村 岩松寺
**[[中野方村]] 心観寺
**河合村 竜現寺
*加茂郡