「スタージョンの法則」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{出典の明記|date=2018年12月}}
'''スタージョンの法則''' (スタージョンのほうそく、[[英語]]:Sturgeon's law)は、[[SF作家]][[シオドア・スタージョン]]の言葉から導きだされた[[格言]]である。
 
#「常に絶対的にそうであるものは、存在しない」("Nothing is always absolutely so.")
 
スタージョンはまた、これより有名な格言も残している。それは正確な名称としては「スタージョンの黙示(すっぱ抜き)」として知られているものであるが、現在では「スタージョンの法則」といった場合、実際にはこちらを指すことがほとんどである。例えば、[[オックスフォード英語辞典]]でもそのようになっている。
 
#<li value = 2>「どんなものも、その90%はカス(crud)である」
 
== 系 ==
「スタージョンの黙示」は時として以下のように拡張される。
 
*黙示: 全てのものの90%はカスである。
*系1: 遺憾ながらSFの中に膨大な量のゴミがあることは事実といえる。だが、そこら中にゴミがあることは自然であるという他ない。