メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
== 概観 ==
=== 大学全体 ===
国内で3番目の[[帝国大学]]として[[1907年]]([[明治]]40年)に創設され、仙台においては[[1911年]](明治44年)に開学<ref> [https://tohoku.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=52063&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1&page_id=33&block_id=38 東北帝国大学における女子学生・女性研究者](永田 英明)2018/08/06 閲覧。</ref>した東北帝国大学を前身とする大学である。大学全体としては、[[帝国大学令]]に基く[[大学]]として創設された1907年を創立年としており、[[2007年]](平成19年)には東北大学創立100周年を祝う様々な記念行事が行われた。
 
東北帝国大学創立期の[[大学の略称|大学の文書記号]]は、[[東京大学|東京帝国大学]]のそれが「'''東大'''」であったため「'''[[北大]]'''」とされた<ref>[[河北新報]]1922年11月18日記事見出し</ref>。後に東北帝国大学から分立した[[北海道大学|北海道帝国大学]]は「'''海大'''」とされた。ただし、現在では「北大」は北海道大学の略称として用いられることが多く、東北大学の略称は「東北大」が用いられる。2017年6月、[[指定国立大学法人]]に指定される。
=== 大学理念 ===
東北大学では、現在「研究第一主義」「門戸開放」「[[実学]]尊重」の3つを大学理念としている。
 
;研究第一主義
:「研究第一主義」の標語は、[[1911年]]([[明治]]44年)の入学式における式辞で、「…大学の主とするところは研究第一であって…」と初代総長・[[澤柳政太郎]]が発言したことに由来している。先行した東京帝国大学が「官僚養成」を、[[京都帝国大学]]が「学問」を標榜したことから、第三の帝大である東北帝国大学は「研究」を標榜したものと考えられる。こうした研究第一主義の現れとして、全国の[[国立大学]]附置研究所の中で最も古い歴史を有する附置研究所の一つである[[東北大学金属材料研究所|金属材料研究所]](設置当時の研究所名は臨時理化学研究所第2部)を擁すること、[[第二次世界大戦]]時には附置研究所が10を数えた時期があること等が挙げられる。なお、1998年([[平成]]10年)-2008年(平成20年)の[[帝国大学#論文の引用動向|論文の被引用数]]では日本国内で第4位(世界第64位)<ref>[http://www.thomsonscientific.jp/news/press/esi2009/ranking.html 日本の論文の引用動向 1998-2008] {{webarchive |url=https://web.archive.org/web/20100416033932/http://www.thomsonscientific.jp/news/press/esi2009/ranking.html |date=2010年4月-04-16}}([[トムソン・ロイター]])</ref>、[[帝国大学#研究費|2005年度の主要研究経費]]は約260億円で、日本国内で第2位となっている<ref>{{PDFlink|[http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihu60/siryo3-4-1.pdf 国立大学法人等の科学技術関係活動に関する調査結果]}}([[内閣府]]・科学技術政策担当)</ref>。
 
;門戸開放
:東北帝国大学創設当初、既設の[[帝国大学]]が[[旧制高等学校]]出身者にのみ入学を認めていたのに対して、東北帝国大学は旧制高等学校以外の教育機関出身者にも入学を認めた(傍系入学)。また、[[1913年]]([[大正]]2年)には3人の女性([[黒田チカ]]、[[丹下ウメ]]、[[牧田らく]])に対して入学を許可した。これは帝国大学としては初めての女性に対する入学許可であった<ref>{{cite web
|accessdate = 2016-02-15
}}</ref>。さらに、日本における外国人[[留学生]]の[[博士号]]取得第一号([[中華民国]]の[[陈建功]])と第二号(同[[苏步青]])を輩出するなど、東北帝国大学時代より外国人留学生が数多く本学で学んできた。このような経緯のもとに、現在では「門戸開放」のフレーズは、「学生・教員・職員を問わず真に実力のある者はそのバックグラウンドにかかわらず受け入れる」という東北大学の方針を一言で表すための標語となっている。また、[[雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律|男女雇用機会均等法]]の改正を受け、[[杜の都]]女性科学者ハードリング支援事業やサイエンスエンジェル制度も導入されている。2014年には、男女共同参画社会を目指す活発な取組の一助となるよう、[[澤柳政太郎記念東北大学男女共同参画賞]](通称:澤柳記念賞)が創設された。現在の学部学生は、[[東北地方]]以外の出身者が過半数を占めており<ref>[http://www.bureau.tohoku.ac.jp/koho/pub/gaiyou/gaiyou2008/ja/pdf/2008p32.pdf 東北大学概要 2008](東北大学)</ref>、旧帝国大学の中では地元以外からの入学者比率が高い方である([[帝国大学#入学状況|参照]])。
 
;実学尊重
:東北大学では創設以来、社会で実用される研究が奨励されてきたことに加え、大学での研究に端を発した企業が複数設立されてきたなど、実学が大変重視されている。その伝統は、2007年(平成19年)の[[帝国大学#特許|大学別特許公開件数]]で日本国内1位<ref>{{PDFlink|[http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/nenji/nenpou2008/toukei/02-13.pdf 2007年国内大学別特許公開件数]}}([[経済産業省]][[特許庁]])</ref>であるところにも現れており、これは、[[自然科学]]のみならず、[[人文科学]]および[[社会科学]]の学問分野においても根付いている。
 
=== 教育および研究 ===
[[QS世界大学ランキング]]2019(2018年)では、第77位、アジア第19位、国内第5位である<ref>[https://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2019 QS World University Rankings 2019 <nowiki>|</nowiki> Top Universities]</ref>。また、英[[タイムズ]]紙系の教育専門誌『[[タイムズ・ハイアー・エデュケーション]]』による世界大学ランキング2019(2018年)では、第251-300位、アジア第28位、国内第3位である<ref group="*">[https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2019/world-ranking#!/page/0/length/-1/sort_by/rank/sort_order/asc/cols/stats World University Rankings 2019 <nowiki>|</nowiki> Times Higher Education (THE)]
[[QS世界大学ランキング]]2019(2018年)では、第77位、アジア第19位、国内第5位である<ref>
[https://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2019 QS World University Rankings 2019 <nowiki>|</nowiki> Top Universities]
</ref>。また、英[[タイムズ]]紙系の教育専門誌『[[タイムズ・ハイアー・エデュケーション]]』による世界大学ランキング2019(2018年)では、第251-300位、アジア第28位、国内第3位である<ref group="*">
[https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2019/world-ranking#!/page/0/length/-1/sort_by/rank/sort_order/asc/cols/stats World University Rankings 2019 <nowiki>|</nowiki> Times Higher Education (THE)]
{|class="wikitable" style="text-align:center"
|+The Times Higher Education<br>世界大学ランキング 2014-2018
 
=== 略歴 ===
[[画像:Tohoku Imperial University,1913.jpg|thumb|250px|thumb|東北帝国大学<br>1913年(大正2年)撮影]]
{{external media
|align = right
|image4 = [http://webdb3.museum.tohoku.ac.jp/tua-photo/photo-img-b.php?id=C002815&instg=03&areag=&sbjg=&yrsg= 東北帝国大学工学専門部正門および校舎]:大正期前半
}}
[[1900年]](明治33年)1月29日、第14回[[帝国議会]]において「九州東北帝国大学設置建議案」が採択され、議会として東北地方に[[帝国大学]]を設置する正式な要望が政府に表明された。しかし、政府の資金難により設置が進まず、[[1902年]](明治35年)にも「東北帝国大学設立建議案」が再度採択された。[[1906年]](明治39年)、[[札幌農学校]]を帝国大学農科大学に昇格させ、新設予定の理工科大学と大学予科と併せて北海道帝国大学とする案が浮上するも、東北選出の[[衆議院|代議士]]が反発。その結果、新設予定の理科大学を仙台に置く折衷案を政府に要求することとなった<ref>東北大学金属材料研究所(編)(2016))(2016)『片平の散歩道 金研百年の歩みとともに』[[河北新報]]出版</ref>。
 
[[日露戦争]]の好景気で財を成した[[古河財閥]](現・[[古河グループ]])から寄付があり、その一部と宮城県の寄付金等を併せて、1907年(明治40年)6月22日の[[勅令]]第236号により、仙台市に本部を置く東北帝国大学が創設された<ref name="ImperialOrdinance236">[http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewEnkaku.do?i=CfOAThgIxhh%2fQhYwLOJb6w%3d%3d 東北帝国大学ニ関スル件(明治40年6月22日勅令第236号)]([[国立国会図書館]]「日本法令索引」)</ref><ref name="NDL236">[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/788052/352 東北帝国大学ニ関スル件](国立国会図書館デジタルコレクション)… 6月21日公布、9月1日施行</ref>(創立記念日)。また同勅令により札幌農学校を東北帝国大学農科大学([[札幌市|札幌区]])とすること、当面は農科大学学長が東北帝国大学総長を代行することになり、同年[[9月1日]]より施行された<ref name="ImperialOrdinance236"/><ref name="NDL236"/>。前身を持たない理科大学はその新設のため校舎の建設や実験機器・専門書の輸入などの準備がなされ、また、教授候補が選ばれてヨーロッパ各地に留学し、留学中に[[フランス]]の首都[[パリ]]に集まって理科大学[[教授会]]も開催した<ref name="ArchivesNews04">{{PDFlink|[http://www2.archives.tohoku.ac.jp/hensan/news/news04.pdf 東北大学百年史編纂室ニュース 第4号]}}(東北大学百年史編纂室 1999年8月31日)</ref>。準備も整った[[1911年]](明治44年)1月に理科大学が設置された(同月、九州帝国大学も創設)<ref>[http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317632.htm 一 帝国大学の発足と拡充](文部科学省「学制百年史」)</ref>。開学式は[[1913年]](大正2年)9月22日に挙行された<ref>[http://www2.archives.tohoku.ac.jp/tenji/old-univ.html 東北大学史料館「第1展示室 東北帝国大学」] 2016年6月13日閲覧。</ref>。この他、[[1912年]](明治45年)に[[仙台医学専門学校]]を包摂して医学専門部を設置。また、[[仙台高等工業学校]]を包摂して工学専門部を設置した。
== 学生生活 ==
=== スポーツ ===
[[画像:Tohoku University Human powered aircraft.jpg|thumb|300px|thumb|[[スリーエム ジャパン|スリーエム]][[仙台市科学館]]3階に常設展示されている、東北大学Windnautsの「鳥人間コンテスト選手権大会」2011年&2012年の優勝機体(復元)<ref>[http://www.dream.mech.tohoku.ac.jp/move/141201/index.html 東北大学Windnautsが2011年、2012年の鳥人間コンテスト優勝機体を復元。スリーエム仙台市科学館において11月29日(土)より展示がスタートしました](東北大学工学部 2014年12月1日)</ref>。]]
*[[東北大学 Windnauts|Windnauts]] は、[[讀賣テレビ放送|読売テレビ]]主催「[[鳥人間コンテスト選手権大会]]」の人力[[プロペラ機]]ディスタンス部門において、6回優勝している(2015年現在)。また、大会最高記録も残している。
*[[東北大学硬式野球部|硬式野球部]]は[[仙台六大学野球連盟]]に加盟している。
 
=== 他 ===
*[[帝国大学]]は「東大」「京大」「九大」「北大」「[[京城帝国大学|城大]]」「[[台北帝国大学|台大]]」「阪大」「名大」というふうに一字に略して表記できるが、東北大学のみこうした漢字一字+大スタイルの略称が無い。ただし、東北地方では麻雀の牌の呼び方にちなんだ「トンペイ」という呼び名で呼ばれることがある。なお異称として「東北の丘」を意味する「[[艮]]陵(ごんりょう)」があり、主に医学部の関連団体に使われている<ref>[http://nosumi.exblog.jp/1046743/ 艮陵の謂われ : 大隅典子の仙台通信] - [[大隅典子]]のブログ</ref>。
*東北大学[[白菊会]] - [[献体|篤志献体]]組織。慰霊祭はかつて[[松音寺]]において仏式で行っていたが、[[1978年]]([[昭和]]53年)からは特定の[[宗教]]に拠らない医・歯学部合同慰霊祭の形で川内記念講堂(現・[[東北大学百周年記念会館]])で開催している<ref name="NZ">[http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1996/00999/contents/070.htm 東北大学・東北大学白菊会献体36年]([[日本財団]]図書館)</ref>。[[無縁仏]]の[[遺骨]]は[[1982年]]([[昭和]]57年)に[[仙台市葛岡墓園]]に設けられた「東北大学[[納骨堂]]」に納めている<ref name="NZ"/>。
 
=== 大学関係者一覧 ===
*[[{{See|東北大学の人物一覧]]}}
 
== 施設 ==
 
==== 片平キャンパス ====
[[画像:Katahira head office.png|thumb|240px|thumb|本部棟(片平キャンパス)]]
片平キャンパスは研究所や大学本部を中心としたキャンパスである。仙台市中心部という立地から市民との交流の場として位置付けられており、様々な公開行事に用いられる他、春には[[花見]]客で賑わう。2007年には百周年記念行事の会場としても用いられた。
 
同キャンパスの旧仙台医学専門学校博物・理化学教室、旧仙台医学専門学校六郷教室、旧第二高等学校書庫、旧東北帝国大学附属図書館閲覧室、旧東北帝国大学理学部科学教室棟は2017年に国の登録有形文化財に登録された<ref>[http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/bunkazai/touroku170721.html 宮城県ホームページ]</ref>。
 
加えて、キャンパス内に[[放送大学]]宮城学習センターが所在する。[[放送大学学園]]と単位互換協定を結んでおり、多様な学習の機会が提供されている<ref>{{PDFlink|[httphttps://www.ouj.ac.jp/hp/nyugaku/tanigokan/pdf/tanigokan_annai.pdf 放送大学 平成28年度 単位互換案内]}}</ref>。
;使用学部
:なし
 
==== 川内キャンパス ====
[[画像:Kawauchicampus.jpg|thumb|240px|thumb|川内北キャンパス]]
東北大学では川内キャンパスを川内北キャンパスと川内南キャンパス(通称文系キャンパス)に分けて管理している。
 
北キャンパスでは全学教育が行われており、1・2年生が最も頻繁に通うキャンパスである。そのため入学シーズンにはサークル勧誘が盛んに行われる。このほか、多くのサークルが部室を持ち、さらに大学祭の会場でもあるため、一年を通して最も活気にあふれている。南キャンパスには、文系学部・研究科の講義棟や研究室が存在するだけでなく、附属図書館本館や植物園が設置されている。
;使用学部 : 文学部、法学部、経済学部、教育学部(すべて南キャンパス)
;使用研究科等
:;南キャンパス : 文学研究科、法学研究科、経済学研究科、教育学研究科、教育情報学研究部・教育部
:;北キャンパス : 国際文化研究科、川北合同研究棟
:<!-- バグ回避のための行 -->
;使用附属施設
:;南キャンパス : 附属図書館本館・同2号館、[[東北大学学術資源研究公開センター植物園|植物園]]本館・同記念館、[[東北大学百周年記念会館]]
:; 北キャンパス : 東北アジア研究センター、高度教養教育・学生支援機構(同センター高等教育開発部門入試開発室が所属する入試センターは、南キャンパスに隣接する旧半導体研究所内)
:<!-- バグ回避のための行 -->
;交通アクセス
:[[仙台市地下鉄東西線]] - [[川内駅 (宮城県)|川内駅]] 下車 徒歩0分
:[[仙台市地下鉄東西線]] - [[国際センター駅 (宮城県)|国際センター駅]] 下車 西1口より徒歩5分
;敷地の変遷 : [[仙台城]]二の丸→[[官軍]]占領→[[東北鎮台]]→[[仙台鎮台]]→[[大日本帝国|陸軍]][[第2師団 (日本軍)|第2師団]]→[[連合国軍最高司令官総司令部|GHQ/SCAP]]占領→教養部・文系学部
 
==== 青葉山キャンパス ====
[[画像:Tohoku University(Faculty of Science).JPG|thumb|240px|thumb|理学部総合研究棟・自然史標本館(青葉山キャンパス)]]
東北大学では青葉山キャンパスを北青葉山キャンパスと東青葉山キャンパスに分けて管理しており、それぞれ理・薬学部と工学部が使用している。
 
 
なお、宮城教育大学の本部も同名のキャンパス名を使用しているが、これは同大学が元々東北大学だったことに由来する。
;使用学部 : 理学部、薬学部、工学部
;使用研究科 : 理学研究科、薬学研究科、工学研究科、環境科学研究科、情報科学研究科、医工学研究科
;使用附属施設 : 情報シナジーセンター、学際科学国際高等研究センター、未来科学技術共同研究センター、サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター、国際高等研究教育院、自動車の過去・未来館
;交通アクセス : [[仙台市営バス]]青葉山駅、工学部西、工学部中央、青葉山植物園西 各停留所下車 徒歩0分
:[[仙台市地下鉄東西線]] - [[青葉山駅]]下車 徒歩0分
;敷地の変遷 : [[青葉山 (仙台市)|青葉山]]山林→陸軍工兵作業場→理工薬学部
 
==== 星陵キャンパス ====
[[画像:Seiryo campus of Tohoku University in 2012.jpg|thumb|240px|thumb|星陵キャンパス(最も高い建物ほかが[[東北大学病院]])]]
;使用学部:医学部、歯学部
;使用研究科:医学系研究科、歯学研究科
:仙台市営バス・宮城交通バス東北大学病院前停留所下車 徒歩2分
:仙台市営バス[[仙台市交通局木町通駐車場#交通局東北大学病院前バス停|交通局東北大学病院前停留所]]下車 徒歩3分
;敷地の変遷 : 宮城病院→東北帝国大学・医および附属病院→医歯系学部用地・東北大学病院
 
==== 雨宮キャンパス ====
[[画像:Tohoku University Amamiya Campus.JPG|thumb|240px|thumb|雨宮キャンパス正門前]]
雨宮キャンパスは農学部(および大学院)のみが使用していたキャンパスである。
 
|date = 2015-7-1
|accessdate = 2016-9-30
}}</ref>に青葉山へ全面移転するため、東北大学や商工会議所などで跡地の用途を協議している。2014年1月31日、東北大学は一般競争入札によって、移転後の雨宮キャンパスの敷地を[[イオンモール|イオンモール]]株式会社]]に売却することを決定したと発表した<ref>{{PDFlink|[https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20140131_01.pdf 東北大学雨宮キャンパス売却に係る落札者の決定について]}}</ref>。
;使用学部 : 農学部
;使用研究科 : 農学研究科、生命科学研究科
;使用附属施設 : 加齢医学研究所雨宮分所
;交通アクセス : [[仙台市地下鉄南北線]] - [[北四番丁駅]]下車 徒歩5分
:仙台市営バス堤通雨宮町、農学部前停留所下車 徒歩3〜5分
:宮城交通バス堤通雨宮町、[[仙台放送]]前下車 徒歩5分
;敷地の変遷 : 大正時代まで農地→[[第二高等学校 (旧制)|旧制第二高等学校]]が片平から移転→農学部
 
==== 三神峯キャンパス ====
三神峯キャンパスは、電子光理学研究センターが使用するキャンパスである。
;使用研究科 : 学部:理学研究科(協力講座として)
 
;使用学部 : 研究科:理学研究科(協力講座として)
;交通アクセス : 仙台市営バス・宮城交通バス 西多賀一丁目西・三神峯公園入口下車 徒歩10分
;使用研究科 : 理学研究科(協力講座として)
;敷地の変遷 : 戦前までは[[陸軍幼年学校]]仙台校が置かれ、戦後一時期には教養部が置かれたことがある。現在は、理学部付属施設の原子核理学研究施設を改組した全国共同利用センターである電子光理学研究センターがある。
;交通アクセス : 仙台市営バス・宮城交通バス 西多賀一丁目西・三神峯公園入口下車 徒歩10分
;敷地の変遷 : 戦前までは[[陸軍幼年学校]]仙台校が置かれ、戦後一時期には教養部が置かれたことがある。現在は、理学部付属施設の原子核理学研究施設を改組した全国共同利用センターである電子光理学研究センターがある。
 
==== キャンパス統合問題 ====
:*:また、バス利用の利便性を高めるためにキッチンテラス Couleur からバス停への直結通路が出来、その通路上にバスの接近情報を表示する端末が設置された。
:*:コンパ弁当部では花見向け弁当の仕出し、[[芋煮会]]向け食材の販売・機材の貸し出しを行っている。
 
[[画像:KareeGoya2007.jpg|thumb|「貧食」と呼ばれていた(旧)川内第2食堂(2007年)。[[仙台市地下鉄東西線]]の建設工事に伴い、2008年に新築移転した。]]
:*川内店(第二食堂 - Bee ARENA Cafe)
 
== 不祥事 ==
2015年(平成27年)10月20日、総合技術部勤務の[[技術職員]]の万引き行為などが確認されたとして、[[懲戒処分]]([[諭旨解雇]])を行ったと公表した<ref>{{Cite web |url=http://www.bureau.tohoku.ac.jp/jinji/open/tyoukai/tyoukai_top27.10.html |title=東北大学人事企画部|懲戒処分の公表 |accessdate=2018-12-01 |website=www.bureau.tohoku.ac.jp|language=ja}}</ref>
 
2015年(平成27年)10月28日、工学部・工学研究科の事務員が上司と部下という優越的な立場を背景に、複数の職員に対してのハラスメント行為が合ったとして、懲戒処分([[停職]]1月)を行ったと公表した<ref>{{Cite web |url=http://www.bureau.tohoku.ac.jp/jinji/open/tyoukai/tyoukai_top27.10-2.html |title=東北大学人事企画部|懲戒処分の公表 |accessdate=2018-12-01 |website=www.bureau.tohoku.ac.jp|language=ja}}</ref>
 
同大では、ハラスメント事案が続いた時期があり、2014年(平成26年)4月2日、大学院医学系研究科に所属する男性准教授が、図書館職員にクレームをつけて土下座を強要したりサービスカウンターをたたきながら暴言を吐いたりといった行為を何度も繰り返したとして、4月1日付で停職1か月の処分を発表した。その2日前には、大学院経済学研究科の男性講師が、研究会で知り合った他大学の女子大学院生を飲食に誘い、気分が悪くなったという女子学生をホテルに連れて行ってわいせつな行為を働いたため、懲戒解雇になっている。さらに1か月さかのぼった2月28日、大学院工学研究科の男性客員教授が職場の懇親会の席上で女性職員にセクハラ行為をはたらき、2月27日付で停職6か月となった<ref>{{Cite news |title=教員のパワハラ、セクハラ続いた東北大学 「相談窓口」活用で学内浄化進むか |date=2014-04-03 |url=https://www.j-cast.com/2014/04/03201158.html |accessdate=2018-12-01 |work=J-CASTニュース}}</ref>
 
== 脚注 ==
匿名利用者