「張邈」の版間の差分

編集の要約なし
|出身地 = [[兗州]][[東平郡]]寿張県([[山東省]][[泰安市]][[東平県]])
|死去 = [[興平 (漢)|興平]]2年([[195年]])
|死没地 = [[杞県|雍丘]]
|ピン音 = Zhāng Miǎo
|字 = 孟卓
 
== 生涯 ==
「[[董卓]]伝」の引く『漢末名士録』や『[[後漢書]]』の「党錮伝」によると、漢の八俊(八厨の一人であったとある。若い頃から男伊達で気前がよく、困っている者を救うための散財を惜しまなかった<ref>[[党錮の禁]]参照。</ref>。[[曹操]]や[[袁紹]]と親友のように仲が良く<ref>袁紹とは、[[許攸]]・[[何ギョウ|何顒]]・伍瓊達と共に「奔走の友」と呼ばれる契りを結んだとあり(「袁紹伝」)、曹操とは、互いが死んだ時に家族の面倒を見る事を約束するほどに仲が良かったとある。現に[[193年]]、曹操が徐州討伐に向かったとき、家族に対し「わしに万が一もしものことがあれば、孟卓(張邈)を頼れ」と述べている。</ref>、
頭脳の明晰さと徳行で官界において知られるようになった。また[[三公]]の府から招聘を受け、成績優秀という評価を受けた。[[騎都尉]]を務めた後は、董卓の名士優遇策の一環として、[[陳留郡|陳留]][[太守]]に任命された(「董卓伝」)。
 
張邈と呂布は、短期間で曹操の本拠地である兗州の大半を占領した。また、急報を聞きつけ引き返して来た曹操軍を、返り討ちにする事にも成功した。しかし、[[荀イク|荀彧]]・[[程イク|程昱]]・[[夏侯惇]]・[[棗祗]]らが守る3城だけは落とせず、曹操の勢力にとどめを刺す事が出来なかった。その後、飢饉が発生したため、両者の争いは一時的に中断された。
 
翌2年(195年)には、勢いを盛り返した曹操に敗れ、兗州から撤退。呂布や陳宮らは、陶謙から徐州を譲り受けていた[[劉備]]を頼って落ち延びた。張邈は、陳留に居た弟らと分断されていたため、陳留の一族を救出しようと[[袁術]]に援軍を求めに向かったが、部下の裏切りに遭い殺されてしまった。前後して陳留は陥落し、張超など張邈の遺族は、曹操の追及を逃れて[[杞県|雍丘]]に移った。因みにこの頃、既に曹操が長安の[[天子]]から正式な兗州牧に任命されていたため(武帝紀)、張邈たちは賊の立場に追い込まれていた。
 
翌[[建安 (漢)|建安]]元年([[196年]])、ついに雍丘は曹操軍の攻撃によって陥落。張超が焼身自殺し、張邈の三族(父母・兄弟・実子と養子)は曹操によって皆殺しの刑に処せられた。