「密航」の版間の差分

編集の要約なし
(事例を追加)
 
== 概要 ==
古くは貧しい[[移民]]希望者が、[[20世紀]]に入ると政治的迫害を受けた[[亡命]]者や経済的困窮から母国を脱出する手段として用いることが多くなった。こういった者の中には[[外国人労働者|国外での就労]]を希望しての場合もある。また、政治的[[迫害]]を受けていたり、[[戦争]]、[[内戦]]、[[紛争]]などや[[兵役]]から逃れるために密航する者もいる。
 
20世紀後半になると、各国の[[入国管理]]や[[身分証明書|身分証明]]制度が強化され、[[空港]]や[[港湾]]の[[警備]]体制が[[近代化]]されるとともに、[[輸送]]も輸送される物資の量的な増大に伴い隠れる手段が少ない[[コンテナ船]]へと変化している。このため[[船舶]]では船員など関係者と内通していない限り密航は不可能となっている。このため、船を密航者で占拠して密航を行う[[ボートピープル]]や[[パスポート]]の[[偽造]]などによる偽装出国が増加している。ただし、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]や[[日本]]、[[大韓民国|韓国]]のように[[入国審査]]で[[指紋]]採取を実施している国家では[[パスポート]]偽造という手法での密入国は困難になっている。
 
その一方で、航空機など船舶以外の交通機関や場合によっては[[国境]]を横断する[[鉄道]]列車や[[貨物自動車]]に隠れて便乗して来るケースも見られる。しかし、身分証明が社会補償サービスにも就労にも居住にも、また[[医療保険]]などのような生活支援サービスの前提となるなど、「正式に入国しないと就労以前に居住・生活することもままならない」状態にある[[先進国]]社会では、経済難民による密航は割に合わないものともなっている。一方で、戦争、紛争や兵役などから逃れることが目的ならば、密航のメリットは大きいといえる。
 
== 失敗例 ==
密航では、輸送機関の旅客スペース以外に身を潜める必要があることなどから、それら輸送機関の安全が保証された快適な旅行とは異なり、命にかかわるほどの過酷な状況に晒されることもある。
 
例えば[[飛行機]]の主脚格納庫に侵入し密航を謀ったケースでは、その場所が[[与圧]]されていないことから目的地へ到着する前に[[凍死]]する危険性が高い([[USエアウェイズ741便密航者凍死事件]]など)。アメリカ航空局が把握している数字では、1947年から105人が格納庫に侵入し、生き延びた例は25人であり生還率は低い<ref>{{Cite news|url=http://www.gizmodo.jp/2014/04/post_14449.html|title=なぜ無傷。飛行機の車輪格納部に隠れて飛行した少年、生存の秘訣は「極寒」?|work= gizmodo|publisher= gizmodo|date=2014-04-23|accessdate=2014-04-23}}</ref>。凍死しないまでも、[[仮死状態]]による身体的なダメージ、部分的な[[凍傷]]によって体が不自由になる危険もある。また、急激に[[気圧]]が下がるので、[[高山病]]に似た症状があらわれることもある<ref>{{Citenews|url=http://www.47news.jp/CN/200303/CN2003031801000588.html|title=航空機の車輪格納庫に遺体 成田空港|work=47News|newspaper=共同通信社|date=2003-01-08|accessdate=2014-04-21}}</ref>。また陸送、海上輸送用[[コンテナ]]の場合では、内部に居住スペースを設置し密航を謀るケースがあったが、目的地へ到着する前に[[熱中症|熱射病]]のため死亡したケースもある。コンテナ内は密閉に近いため、[[日射]]にさらされると温度が上がりやすいだけではなく、[[酸欠]]の危険性もある。また、飲料水を確保できない場合は[[脱水 (医療)|脱水症状]]の危険も高まる<ref>{{Cite news|url=http://www.zakzak.co.jp/top/200904/t2009040616_all.html|title=コンテナから46人遺体発見…アフガン密航か|work=zakzak|publisher=夕刊フジ|date=2009-04-06|accessdate=2014-04-21}}</ref>。
 
密航の失敗の多くは、乗員などに発見されることだが、発見された場合は目的地に到着した直後に[[退去強制|強制送還]]される。古くは「海に投げ込まれた」や「[[強制労働]]させられた」などの話も物語を中心に語り継がれる所ではあるが、中には発見され[[救命ボート]]で逃走したケースもある。救命ボートは基本的に救助を待つために[[漂流]]することを前提として設計されているため、[[外洋]]などで逃走することには向いていないし、[[沿岸]]付近で逃走しても岸にたどり着きにくい。こういった逃走者の多くは、救助という形で捕まり、強制送還の憂き目に遭う。
 
== アフリカからヨーロッパへの密航 ==
近年、[[アフリカ]]から[[ヨーロッパ]]への密航者の急増が[[社会問題]]化している。経済的に[[開発途上国|発展途上国]]が多く、労働市場の状況が悪いアフリカ諸国から、仕事を求めてヨーロッパへの渡航を試みるものは多い。アフリカからヨーロッパへ密航するルートはおもに[[西アフリカ]]から[[スペイン]]を目指す<ref>{{Cite news|url= http://japanese.china.org.cn/life/2014-2/19/content_31523370.htm |title=ヨーロッパに密航するため 200人のサハラ移住者が同時に国境の壁を登る|work= japanese.china.org.cn|publisher= japanese.china.org.cn|date=2014-02-19|accessdate=2014-04-21}}</ref>ものと、[[リビア]]から[[イタリア]]を目指すものなどがある<ref>{{Cite news|url=http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE86A02K20120711|title=地中海密航者54人が脱水死、リビアから欧州目指す|work=ロイター|publisher=ロイター通信社|date=2012-07-10|accessdate=2014-04-21}}</ref>。[[1990年代]]に[[シェンゲン協定]]が[[西ヨーロッパ]]諸国で実施され、ヨーロッパ内の国境通過が[[自由化]]されると、そこから[[ドイツ]]や[[フランス]]などの経済先進国への入国を目指そうと考える密航者が増えている。
 
1990年代になると、[[モロッコ]]から、[[アフリカ大陸]]のスペインの飛び地であるスペイン領[[セウタ]]へ密入国するアフリカ人が急増した。[[2000年]]には、セウタとモロッコとの陸上国境の[[中立地帯]]に二重の鉄条網が張り巡らされ、国境警備が厳しくなったが、海路で[[ジブラルタル海峡]]から密航する小型船が後を絶たない。
 
モロッコから[[ヨーロッパ大陸]]への交易海上警備が強化されると、モロッコ沖のスペイン領[[カナリア諸島]]を目的地とする密航船が増加した。100キロ以上の外洋を航海することになるため、遭難する船や、海上で命を落とす密航者も少なくない。モロッコ沿岸の取締りが強化され、[[2000年代]]半ばには、密航船の出発地が、[[モーリタニア]]沿岸、さらに[[セネガル]]沿岸へと、どんどん遠方化していく。それに伴い密航にかかわるリスクとコストは増加することになる。2006年にはセネガル沿岸からのカナリア諸島への密航者が急増し、8月までの約8ヶ月間で、約2万人が密航したといわれている。セネガルからカナリア諸島への密航には、1人当たり約40万[[CFAフラン]](約9万円)が必要といわれている。
 
== 出典 ==
{{Reflist}}
 
 
== 関連項目 ==
* [[ボートピープル]]
* [[不法滞在]]
* [[入国管理局]] - [[出入国管理]]