「グラタン」の版間の差分

内容追加
(内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{Otheruses|料理のグラタン|野球選手のグラタン|トッド・グラタン}}
[[ファイル:Macaronigratin.jpg|thumb|200px|グラタンの調理例(写真はホワイトソースを使ったマカロニグラタン)]]
'''グラタン'''({{lang-fr-short|gratin}})は、[[フランス]]の[[ドーフィネ]]地方が発祥の地<ref>[http://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/0412/02.html 「料理食材大辞典」主婦の友社発行をもととした農林水産省の消費者相談「ドリア、ハヤシライス、グラタンの語源を知りたい」回答] 2010年12月30日閲覧。</ref> といわれる[[郷土料理]]から発達した[[料理]]である。「[[オーブン]]などで料理の表面を多少焦がすように調理する」という調理法、およびその調理法を用いて作られた料理の両方を意味する。この調理法を用いたものはすべてグラタンであり、[[デザート]]用に作られるものなどもある。主にマカロニがベースとして入ることが多く、後述の[[ドリア]]とは一線を画している。
[[日本]]では、[[ベシャメルソース]]を用いオーブンで焼いた料理をして「グラタン」と呼んでいるが、[[フランス語]]では、本来鍋に張り付いた'''おこげ'''という意味でもあり、転じて素材が何であれ焼いて焦げ目をつけた料理を意味する言葉である。