メインメニューを開く

差分

その後、弁慶は義経の忠実な家来として活躍し、[[伊勢平氏|平家]]討伐に功名を立てる。兄の[[源頼朝]]と対立した義経が京を落ちるのに同行。[[山伏]]に姿を変えた苦難の逃避行で、弁慶は智謀と怪力で義経一行を助ける。
 
一行は[[加賀国]][[安宅の関]]で、[[富樫泰家|介(能の『安宅』では富樫左衛門]]の何某なにがし)、歌舞伎の義経記勧進帳』では富樫左衛門。[[富樫泰家]]に比定される)に見咎められる。弁慶は偽の[[勧進#勧進帳|勧進帳]]を読み上げ、疑われた義経を自らの[[金剛杖]]で打ち据える。富樫は弁慶の嘘を見破りながら、その心情を思ってあえて騙された振りをして通し、義経一行は無事に関を越える。
 
義経一行は、[[陸奥国|奥州]][[平泉町|平泉]]にたどり着き、[[藤原秀衡]]のもとへ身を寄せる。だが秀衡が死ぬと、子の[[藤原泰衡]]は頼朝による再三の圧力に屈し父の遺言を破り、義経主従を[[衣川館]]に襲った([[衣川の戦い]])。多数の敵勢を相手に弁慶は、義経を守って堂の入口に立って薙刀を振るって孤軍奮闘するも、雨の様な敵の矢を身体に受けて立ったまま絶命し、その最期は「'''弁慶の立往生'''」と後世に語り継がれた。
匿名利用者