「シメオン・ドニ・ポアソン」の版間の差分

編集の要約なし
|name = シメオン・ドニ・ポアソン
|image = Simeon Poisson.jpg
|image_width =
|alt =
|caption =
|birth_name =
|birth_date = [[1781年]][[6月21日]]
|birth_place = {{FRA987}} [[ピティヴィエ]]
|death_date = {{死亡年月日と没年齢|1781|6|21|1840|4|25}}
|death_place = {{FRA1830}} [[ソー (オー=ド=セーヌ県)|ソー]]
|death_cause =
|residence = <!-- 居住 -->
|citizenship = <!-- 市民権 -->
|alma_mater = [[エコール・ポリテクニーク]]
|doctoral_advisor = [[ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ]]<br />[[ピエール=シモン・ラプラス]]
|academic_advisors =
|doctoral_students = [[ペーター・グスタフ・ディリクレ]]<br />[[ジョゼフ・リウヴィル]]
|notable_students = [[ニコラ・レオナール・サディ・カルノー]]
|known_for = [[ポアソン方程式]]<br />[[ポアソン分布]]<br />[[ポアソン括弧]]<br />[[アラゴスポット]]<br />[[ポアソン比]]
|influences =
|influenced =
|awards = [[コプリ・メダル]](1832年)
|author_abbreviation_bot = <!-- 命名者名略表記(植物学) -->
|author_abbreviation_zoo = <!-- 命名者名略表記(動物学) -->
|signature = Signature Siméon Denis Poisson.svg
|signature_alt =
|footnotes =
}}
'''シメオン・ドニ・ポアソン'''(''Siméon Denis Poisson''、[[1781年]][[6月21日]] - [[1840年]][[4月25日]])は、[[ポアソン分布]]・[[ポアソン方程式]]などで知られる[[フランス]]の[[数学者]]、[[地理学者]]、[[物理学者]]。
 
== 生涯 ==
[[ピティヴィエ]]で生まれた。はじめは父の意向で[[医学]]を志したが、不器用であることや医学に関心を持たなかったことから[[数学]]へ転向した。[[1798年]]に[[理工科学校|エコール・ポリテクニーク]]に入学、[[ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ|ラグランジュ]]、[[ピエール=シモン・ラプラス|ラプラス]]らに代数学などを学ぶ。[[1802年]]に[[ジョゼフ・フーリエ|フーリエ]]の後任としてエコール・ポリテクニーク教授に就任し、[[1806年]]まで在籍した。
 
[[1808年]]と[[1809年]]にポアソンは、主要業績とされるいくつかの論文を[[科学アカデミー (フランス)|フランス科学アカデミー]]会報に発表した。1808年の ''Sur les inégalités des moyens mouvement des planètes'' では[[惑星]]の運動を取り扱い、ラプラスとラグランジェの提出した問題への解答を試みた。続く1809年には ''Sur le mouvement de rotation de la terre'' および ''Sur la variation des constantes arbitraires dans les questions de méchanique'' において、ポアソンはこれを発展させた。また[[1811年]]にはエコール・ポリテクニークでの講義録を2巻の書籍として出版した。
 
1818年にロンドン[[王立協会フェロー]]に選出され<ref>{{FRS |code = NA4949 |title = Poisson; Simeon Denis (1781 - 1840) |accessdate = 2011-12-11 }}</ref>、1832年には[[コプリ・メダル]]を贈られている。
 
== 脚注 ==
匿名利用者