「ビグ・ザム」の版間の差分

m
;[[ミノフスキー粒子#Iフィールド|Iフィールドジェネレーター]]
:資料によって「Iフィールド発生器」「Iフィールド発生システム」<ref name="ガンダムセンチュリー"/>、「磁気バリアー」<ref name="MSVジオン軍MS・MA編140">『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション(2) ジオン軍MS・MA編』講談社、1984年4月30日、2006年7月(復刻版)、140-143頁。ISBN 978-4063721768</ref><ref group="注">劇中では「磁界」「磁気バリア」と表現されるのみ。</ref>、「対ビームバリヤー」とも<ref>『機動戦士ガンダム MS大全集2003』メディアワークス、2003年4月、119頁。ISBN 4-8402-2339-4</ref>記述される。
:これによってピグ・ザムは中長距離からのビーム兵器を完全に無効化する<ref name="MS大全集2015"/>。一方でフィールド内からのビーム攻撃は防げないほか実体弾兵器の攻撃に対しては高い防御力を持たない<ref name="MS大全集2015">『機動戦士ガンダム MS大全集2015』メディアワークス、2015年6月発売、295頁。(ISBN 978-4048650960)</ref>{{Refnest|group="注"|通常兵器には効果がないとした資料もみられる<ref name="MSVジオン軍MS・MA編140"/>。}}。
:機動兵器としてはビグザムではじめて搭載された<ref>「052 ビグ・ザム」『機動戦士ガンダムMSV COLLECTION FILE 宇宙編』講談社、1999年11月。(ISBN 4-06-346550-0)</ref>。
 
1,996

回編集