「サドンデス」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruseslist|スポーツ用語|その語源である「sudden death」|突然死|[[1995年]]の[[ジャン=クロード・ヴァン・ダム]]主演の[[アメリカ合衆国|アメリカ]]映画|サドン・デス (映画)|漫画作品|さどんです}}
 
'''サドンデス''' ({{lang-en-short|sudden death}}) は、[[突然死]]を意味するが、転じて、[[スポーツ]]などにおいて先に得点した方が勝利者となり、その時点でゲームが終了するようなシステムのこと。一般に、同点で終了した試合の[[延長戦]]において勝者を決定する手続きの一種として用いられる。ただし、日本における報道では近年この呼称が避けられることが多く、「一方が得点した時点で試合を終了する方式」といったまわりくどい説明がなされることが多い
 
先攻・後攻のあるゲームでは後攻の攻撃が終えたところでゲームの勝敗が決まることが多いが、サドンデスを用いた場合では先攻・後攻関係なく後攻の攻撃が残っていても先に得点した方が勝利者となる。後攻の攻撃が終えた時点で勝敗が決まるゲームを「サドンデス」と称するのは誤用である。
匿名利用者