「HACCP」の版間の差分

日本の訳語起源、ハザード分析の出典
(呼称は統一されていない)
タグ: 2017年版ソースエディター
(日本の訳語起源、ハザード分析の出典)
タグ: 2017年版ソースエディター
}}</ref>。 ''{{lang-en|Hazard Analysis and Critical Control Point}}'')は [[食品]]を製造する際に[[工程]]上の[[危害]]を起こす要因([[ハザード]]; Hazard)を分析しそれを最も効率よく管理できる部分(CCP; 必須管理点)を連続的に管理して[[安全]]を確保する[[管理]]手法である。
 
[[日本]]では1975年(昭和50年)に「'''危害分析重要管理点'''」と紹介された<ref>{{Cite journal|
[[日本]]では[[食品衛生法]]において[[厚生労働省]]が「'''危害分析重要管理点'''」と訳したが、海外の事情に詳しい専門家は「'''危害要因分析'''(に基づく)'''必須管理点'''」と訳している(近年日本では、たとえば[[ISO 22000]]:2005などにおいて“危害分析”から“ハザード分析”と云う呼び方に変更されつつあり、「ハザード」とは危害要因であるとする解釈が増えてきている)。
|author = 河端俊治
|date = 1975
|title = 食品工場における新しい微生物管理,危害分析・重要管理点方式について
|journal = モダンメディア
|volume = 21
|issue = 12
|page = 519
|pages = 526
|publisher = 栄研科学株式会社
[[日本]]では[[食品衛生法]]において[[厚生労働省]]が「'''危害分析重要管理点'''」と訳した}}</ref>が、海外の事情に詳しい専門家は「'''危害要因分析'''(に基づく)'''必須管理点'''」と訳している(近年日本では、たとえば[[ISO 22000]]:2005<ref>{{Cite web |url=http://isolesson.com/blog/0010iso22000iso22000/001777/741iso22000_1.html |title=ハザード分析:一般(7.4.1)/ISO22000 |accessdate= 2018-12-10 |date= 2007-02-07 |website= |publisher= ISOの窓}}</ref>などにおいて“危害分析”から“ハザード分析”と云う呼び方に変更されつつあり、「ハザード」とは危害要因であるとする解釈が増えてきている)。
 
== 概要 ==