「バセットクラリネット」の版間の差分

編集の要約なし
 
[[2006年]]の生誕250年には、モーツァルトの協奏曲の形式と演奏時間だけを模した現代音楽の作曲コンクール<ref>{{Cite web |url =https://www.openpr.de/news/96586/Japaner-gewinnt-Mozartfestival-Kompositionswettbewerb.html |title =Japaner-gewinnt-Mozartfestival-Kompositionswettbewerb |publisher =www.openpr.de |date = |accessdate =2018-12-11 }}</ref>が[[オーストリア]]、[[ザルツカンマーグート]]の「[[モーツァルト・フェスティバル]]」で開かれた。このコンクールで日本人が第1位を獲得し、[[フェルディナント・シュタイナー]]の独奏、[[ペーター・ヴェーゼン=アウアー]]指揮の[[シンフォニエッタ・ダ・カメラ・ザルツブルク]]によって初演された。
 
==特長==
音域は基音から4オクターブ自由に吹奏できるが、クラリネットやバスクラリネットほど演奏技巧を拡張した楽器ではないために、最高音域の演奏はやや苦しい。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者