「近藤貞雄」の版間の差分

m
編集の要約なし
(内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m
折しも[[徴兵]]による選手不足に悩む東京巨人軍の[[藤本英雄]]監督から申し出があり、[[1944年]]、[[黒沢俊夫]]らとともに巨人に移籍した(黒沢と共に、他球団から巨人に移籍した最初の選手となる)。登板しない試合には野手として出場したこともあるなどし、[[プロ野球]]が再開された2年後の[[1946年]]に大車輪の活躍でチーム最多の23勝をあげるが、[[キャンプ (日本プロ野球)|秋季キャンプ]]で滞在していた[[愛媛県]][[松山市]]で散歩中、[[進駐軍]]の[[ジープ]]にはねられそうになったためそれを避けたところ、側溝に転落。そこに[[ガラス]]の破片があったため、右手中指を負傷してしまう。戦後混乱期にあって迅速な治療を受けられず神経に深い傷を残してしまい、満足な投球ができなくなり巨人を[[自由契約]]になる。同僚だった[[千葉茂 (野球)|千葉茂]]は「近藤の負傷が『[[別所引き抜き事件]]』の遠因になった」と評する。なお、近藤の右手中指は生涯第2関節から先が曲がったまま、元に戻ることはなかった。
 
巨人時代の同僚で中日に移籍していた[[宮下信明]]が中日の[[杉浦清]]監督に掛け合い、近藤は中日に移籍。移籍1年目の[[1948年]]、独特の3本指で投げる「疑似チェンジアップ([[パームボール]])」を開発し同年67勝、翌[[1949年]]7勝、[[1950年]]10勝と活躍した。この近藤の復活劇をモチーフに[[新東宝]]が「人生選手」という映画を製作した。この映画には近藤も出演している。[[天知俊一]]監督が復帰した[[1954年]]、チームがリーグ優勝を果たす。同年限りで引退。
 
=== 引退後 ===
1,849

回編集