「ヒンドゥー教徒」の版間の差分

m
→‎top: -cleanup
(追加の説明と正しい情報を追加しました。また、誤解を招く表現を削除しました。)
m (→‎top: -cleanup)
{{Cleanup|date=2010年12月}}
ヒンドゥー教徒とは、ヒンドゥー教に関して文化的、民族的、または宗教的に従う人を指す。<ref>{{Cite book|author=Jeffery D. Long, ISBN 978-1845112738, pages35-37|title=A Vision for Hinduism|date=2007|year=|accessdate=2007|publisher=IB Tauris|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>歴史的には、インド亜大陸の人々を地理的、文化的、そして後には宗教的に識別するために使用されてきた。<ref>{{Cite book|author=Brian Pennington (2007), ISBN 978-0195326000, pages 111-118|title=Was Hinduism Invented?Britons, Indians, and the Colonial Construction of Religion|date=|year=|accessdate=|publisher=Oxford University Press|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>
 
ヒンドゥーという言葉の歴史的意味は時とともに進化してきた。ペルシャとギリシャが西暦前1千年のインダス地域に言及したことから始まった。<ref>{{Cite book|author=|title=Flood 1996, p. 6.|date=|year=|accessdate=|publisher=Flood 1996, p. 6.|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>ヒンドゥーと言う用語は、インド亜大陸のシンドゥ(インダス)川周辺及びそれを超える地域に住んでいる人々を地理的、民族的、また文化的に識別する意味を持つ。<ref>{{Cite book|author=John Stratton Hawley and Vasudha Narayanan (2006), ISBN 978-0520249141, pages 10-11|title=The Life of Hinduism|date=|year=|accessdate=|publisher=University of California Press|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>16世紀以降は、トルコ人やムスリム以外のインド亜大陸に住む人々のことを指すようになった。<ref>{{Cite book|author=John Stratton Hawley and Vasudha Narayanan (2006), ISBN 978-0520249141, pages 10-11|title=The Life of Hinduism|date=|year=|accessdate=|publisher=University of California Press|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>[[File:HinduDevoteeNepal.jpg|thumb|伝統的な衣装をまとったヒンドゥー教徒の子供]]
{{Hinduism}}
 
== 概要 ==