メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
|image4 = [http://webdb3.museum.tohoku.ac.jp/tua-photo/photo-img-b.php?id=C002815&instg=03&areag=&sbjg=&yrsg= 東北帝国大学工学専門部正門および校舎]:大正期前半
}}
東北大学は、東北帝国大学の設立の[[勅令]](第236号)が[[官報]]に掲載された[[1907年]](明治40年)[[6月22日]]を創立記念日と位置付けている<ref name="ImperialOrdinance236">[http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewEnkaku.do?i=CfOAThgIxhh%2fQhYwLOJb6w%3d%3d 東北帝国大学ニ関スル件(明治40年6月22日勅令第236号)]([[国立国会図書館]]「日本法令索引」)</ref><ref name="NDL236">[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/788052/352 東北帝国大学ニ関スル件](国立国会図書館デジタルコレクション)… 6月21日公布、9月1日施行</ref><ref>[http://mathsoc.jp/publication/tushin/1201/tohoku.pdf 東北大学創立百周年 - 東北大学数学教室だより] 2018-12-12 閲覧。</ref>。
[[1900年]](明治33年)1月29日、第14回[[帝国議会]]において「九州東北帝国大学設置建議案」が採択され、議会として東北地方に[[帝国大学]]を設置する正式な要望が政府に表明された。しかし、政府の資金難により設置が進まず、[[1902年]](明治35年)にも「東北帝国大学設立建議案」が再度採択された。[[1906年]](明治39年)、[[札幌農学校]]を帝国大学農科大学に昇格させ、新設予定の理工科大学と大学予科と併せて北海道帝国大学とする案が浮上するも、東北選出の[[衆議院|代議士]]が反発。その結果、新設予定の理科大学を仙台に置く折衷案を政府に要求することとなった<ref>東北大学金属材料研究所(編)(2016)『片平の散歩道 金研百年の歩みとともに』[[河北新報]]出版</ref>。
 
[[1900年]](明治33年)1月29日、第14回[[帝国議会]]において「九州東北帝国大学設置建議案」が採択され、議会として東北地方に[[帝国大学]]を設置する正式な要望が政府に表明された。しかし、政府の資金難により設置が進まず、[[1902年]](明治35年)にも「東北帝国大学設立建議案」が再度採択された。
[[日露戦争]]の好景気で財を成した[[古河財閥]](現・[[古河グループ]])から寄付があり、その一部と宮城県の寄付金等を併せて、1907年(明治40年)6月22日の[[勅令]]第236号により、仙台市に本部を置く東北帝国大学が創設された<ref name="ImperialOrdinance236">[http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewEnkaku.do?i=CfOAThgIxhh%2fQhYwLOJb6w%3d%3d 東北帝国大学ニ関スル件(明治40年6月22日勅令第236号)]([[国立国会図書館]]「日本法令索引」)</ref><ref name="NDL236">[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/788052/352 東北帝国大学ニ関スル件](国立国会図書館デジタルコレクション)… 6月21日公布、9月1日施行</ref>(創立記念日)。また同勅令により札幌農学校を東北帝国大学農科大学([[札幌市|札幌区]])とすること、当面は農科大学学長が東北帝国大学総長を代行することになり、同年[[9月1日]]より施行された<ref name="ImperialOrdinance236"/><ref name="NDL236"/>。前身を持たない理科大学はその新設のため校舎の建設や実験機器・専門書の輸入などの準備がなされ、また、教授候補が選ばれてヨーロッパ各地に留学し、留学中に[[フランス]]の首都[[パリ]]に集まって理科大学[[教授会]]も開催した<ref name="ArchivesNews04">{{PDFlink|[http://www2.archives.tohoku.ac.jp/hensan/news/news04.pdf 東北大学百年史編纂室ニュース 第4号]}}(東北大学百年史編纂室 1999年8月31日)</ref>。準備も整った[[1911年]](明治44年)1月に理科大学が設置された(同月、九州帝国大学も創設)<ref>[http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317632.htm 一 帝国大学の発足と拡充](文部科学省「学制百年史」)</ref>。開学式は[[1913年]](大正2年)9月22日に挙行された<ref>[http://www2.archives.tohoku.ac.jp/tenji/old-univ.html 東北大学史料館「第1展示室 東北帝国大学」] 2016年6月13日閲覧。</ref>。この他、[[1912年]](明治45年)に[[仙台医学専門学校]]を包摂して医学専門部を設置。また、[[仙台高等工業学校]]を包摂して工学専門部を設置した。
 
[[1900年]](明治33年)1月29日、第14回[[帝国議会]]において「九州東北帝国大学設置建議案」が採択され、議会として東北地方に[[帝国大学]]を設置する正式な要望が政府に表明された。しかし、政府の資金難により設置が進まず、[[1902年]](明治35年)にも「東北帝国大学設立建議案」が再度採択された。[[1906年]](明治39年)、[[札幌農学校]]を帝国大学農科大学に昇格させ、新設予定の理工科大学と大学予科と併せて北海道帝国大学とする案が浮上するも、東北選出の[[衆議院|代議士]]が反発。その結果、新設予定の理科大学を仙台に置く折衷案を政府に要求することとなった<ref>東北大学金属材料研究所(編)(2016)『片平の散歩道 金研百年の歩みとともに』[[河北新報]]出版</ref>。
 
1907年(明治40年)[[9月1日]]には勅令236号が施行されたが、この時点では[[札幌農学校]]を東北帝国大学農科大学([[札幌市|札幌区]])へと改組するのみに留まった。札幌農学校は開学当初より[[学士]]号の授与が認められており、帝国大学とならぶ高等教育機関であった<ref>[https://high.high.hokudai.ac.jp/wp-content/uploads/2016/02/No0509.pdf 札幌農学校の文部省への移管と維持資金]2018-12-12 閲覧。</ref>。このため、前身をもたない理科大学の建設が完了するまで、札幌の農科大学のみで運営することを前提とした[[帝国大学官制|東北帝国大学農科大学官制]]が施行され、東北帝国大学総長の職務は農科大学学長([[佐藤昌介]])が代行することになった<ref name="ImperialOrdinance236"/><ref name="NDL236"/>。
 
理科大学の建設資金には、[[日露戦争]]の好景気で財を成した[[古河財閥]](現・[[古河グループ]])や宮城県による寄付金等が用いられ、校舎の建設や実験機器・専門書の輸入などの準備がなされた。理科大学の教授候補として内定した者たちは、理科大学完成までの間、ヨーロッパ各地に留学し、留学中に[[フランス]]の首都[[パリ]]に集まって[[教授会]]も開催した<ref name="ArchivesNews04">{{PDFlink|[http://www2.archives.tohoku.ac.jp/hensan/news/news04.pdf 東北大学百年史編纂室ニュース 第4号]}}(東北大学百年史編纂室 1999年8月31日)</ref>。
 
準備も整った[[1911年]](明治44年)1月に理科大学が設置された(同月、九州帝国大学も創設)<ref>[http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317632.htm 一 帝国大学の発足と拡充](文部科学省「学制百年史」)</ref>。開学式は[[1913年]](大正2年)9月22日に挙行された<ref>[http://www2.archives.tohoku.ac.jp/tenji/old-univ.html 東北大学史料館「第1展示室 東北帝国大学」] 2016年6月13日閲覧。</ref>。この他、[[1912年]](明治45年)に[[仙台医学専門学校]]を包摂して医学専門部を設置。また、[[仙台高等工業学校]]を包摂して工学専門部を設置した。
 
仙台医学専門学校は、[[1872年]](明治5年)設立の宮城県立医学所を母体とするものであり、東北大学医学部ならびに艮陵(ごんりょう)同窓会<ref>[http://www.med.tohoku.ac.jp/gonryo-alumni/index.html 東北大学艮陵同窓会](2018年11月25日閲覧)。</ref>では、1872年(明治5年)を医学部開設年(母校創立の日)と定めている<ref>[http://www.med.tohoku.ac.jp/gonryo-alumni/aisatsu.html 「会長挨拶」東北大学艮陵同窓会] 2016年6月13日閲覧。</ref>。かつては「[[明倫養賢堂]]」から仙台藩医学校が分離された1817年を医学部創立の起点とする主張もあったが、今日では、医学系部局に関しては1872年を創立の起点として位置づけるのが一般的である<ref>[http://www.med.tohoku.ac.jp/logo/index.html 「ロゴマークについて」東北大学大学院 医学研究科・医学部] 2016年6月13日閲覧。</ref>。
匿名利用者