「徳田球一」の版間の差分

画像追加
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(画像追加)
== 経歴 ==
家業は印刷屋で、「球一」の名は「[[琉球]]一の人物」になることを願って付けられた。旧制沖縄県立第一[[旧制中学校|中学校]](現:[[沖縄県立首里高等学校]])卒後、[[第七高等学校 (旧制)|旧制第七高等学校]]に入学するも、教官の琉球出身者に対する差別に反発して退学、苦学して[[日本大学]]の夜間部を卒業、[[弁護士]]になった。[[1920年]]([[大正]]9年)、[[日本社会主義同盟]]に参加。[[1921年]](大正10年)に[[ソビエト連邦|ソ連]]を訪問。[[1922年]](大正11年)、非合法の日本共産党([[第一次共産党 (日本)|第一次共産党]])結成に参加。中央委員に選出される。[[1925年]](大正14年)、[[1927年]](昭和2年)にもソ連に渡った。[[1928年]](昭和3年)の[[第16回衆議院議員総選挙|第1回普通選挙]]に[[労働農民党]]から出馬(福岡第3区)したが落選、直後の2月26日に[[治安維持法]]違反で[[門司駅]]で[[逮捕 (日本法)|逮捕]]された。これが直後の[[三・一五事件]]のはしりとなる。徳田はそのまま獄中で18年を過ごした。
[[ファイル:33rd anniversary ceremony of JCP.JPG|左|サムネイル|1955年7月15日の日本共産党33周年記念式の様子。徳田の肖像が中央に掲げられている。]]
 
徳田は[[第二次世界大戦]]終戦後の[[1945年]](昭和20年)[[10月10日]]に、[[府中刑務所]]を訪れた[[フランス人]][[ジャーナリスト]]の[[ロベール・ギラン]]によって発見され出獄、[[連合国 (第二次世界大戦)|連合軍]]を「解放軍」と呼んだ。日本共産党を再建し、同年12月の第4回党大会で[[日本共産党中央委員会幹部会委員長|書記長]]に就任する。[[1946年]](昭和21年)には[[中華民国]]から帰国した[[野坂参三]]と共に[[衆議院|衆議院議員]]に当選(続いて中選挙区の東京3区より以後3期連続当選)。同年、従兄・耕作の未亡人である[[徳田たつ]](旧姓金原)と結婚した。翌年[[1947年]](昭和22年)には[[二・一ゼネスト]]に関与し、連合軍([[連合国軍最高司令官総司令部|GHQ]])との蜜月は解消された。[[ファイル:Tokuda Kyuichi's ashes.JPG|thumb|170px|1955年9月17日、徳田の遺骨とともに北京から[[東京国際空港|羽田空港]]へ戻った[[志賀義雄]](左。右は徳田の妻たつ。)。]][[1950年]](昭和25年)、[[徳田要請問題]]が発生し[[証人喚問]]を受ける。[[コミンフォルム]]から批判を受け共産党が内部分裂した([[所感派]]の項を参照)。また6月に[[公職追放]]([[レッドパージ]])され、7月に[[団体等規正令]]に基づく出頭命令を拒否したため逮捕状が出され、地下に潜行した。同年10月、[[大阪港]]から[[中華人民共和国]]に[[亡命]]し、幹部による指導機関である[[北京機関]]を組織した。このとき徳田は「安静にして余命4年」という健康状態であったが、この事実は幹部以外には秘匿された。徳田は引き続き党の全体方針決定をおこなうことが確認され、亡命先から地下放送の「[[自由日本放送]]」を通じて[[武装闘争]]方針を指示した。しかし、やがて北京機関内部では[[国際派 (日本共産党)|国際派]]との妥協を唱える野坂参三 ・[[西沢隆二]]らとの対立が表面化する。[[1951年]](昭和26年)7月には徳田は自己批判をおこなっている。[[1952年]](昭和27年)9月末に入院、まもなく意識不明の重体となった。[[1953年]](昭和28年)、脳細胞血管の痙攣のため<ref>[[服部敏良]]『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)19頁</ref>[[北京市|北京]]で病死、徳田のその死は[[1955年]]まで公表されなかった。同年[[9月13日]]に北京で開催された徳田の追悼大会には3万人が参列した。
 
[[1950年]](昭和25年)、[[徳田要請問題]]が発生し[[証人喚問]]を受ける。[[コミンフォルム]]から批判を受け共産党が内部分裂した([[所感派]]の項を参照)。また6月に[[公職追放]]([[レッドパージ]])され、7月に[[団体等規正令]]に基づく出頭命令を拒否したため逮捕状が出され、地下に潜行した。同年10月、[[大阪港]]から[[中華人民共和国]]に[[亡命]]し、幹部による指導機関である[[北京機関]]を組織した。このとき徳田は「安静にして余命4年」という健康状態であったが、この事実は幹部以外には秘匿された。徳田は引き続き党の全体方針決定をおこなうことが確認され、亡命先から地下放送の「[[自由日本放送]]」を通じて[[武装闘争]]方針を指示した。しかし、やがて北京機関内部では[[国際派 (日本共産党)|国際派]]との妥協を唱える野坂参三 ・[[西沢隆二]]らとの対立が表面化する。[[1951年]](昭和26年)7月には徳田は自己批判をおこなっている。[[1952年]](昭和27年)9月末に入院、まもなく意識不明の重体となった。[[1953年]](昭和28年)、脳細胞血管の痙攣のため<ref>[[服部敏良]]『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)19頁</ref>[[北京市|北京]]で病死、徳田のその死は[[1955年]]まで公表されなかった。同年[[9月13日]]に北京で開催された徳田の追悼大会には3万人が参列した。
 
== 墓所・記念碑 ==
[[ファイル:Tokuda Kyuichi's ashes.JPG|thumb|170px|1955年9月17日、徳田の遺骨とともに北京から[[東京国際空港|羽田空港]]へ戻った[[志賀義雄]](左。右は徳田の妻たつ。)。]]
[[ファイル:Tokuda Kyuichi's comrades surround his portrait.JPG|thumb|230px|徳田の遺影を囲む共産党指導者ら(1955年8月)。<br />(前列左から、[[志田重男]]、[[野坂参三]]、[[紺野与次郎]]。後列左から、志賀義雄、[[宮本顕治]]、[[春日正一]])]]
墓は[[東京都]][[府中市 (東京都)|府中市]][[多磨霊園]]、東京都[[港区 (東京都)|港区]][[青山霊園]]の「解放運動無名戦士墓」、[[千葉県]][[松戸市]][[八柱霊園]]の徳田家墓に分骨されている。多磨霊園の墓には[[毛沢東]]が徳田の死に際して贈った告別題詞である「永垂不朽」の字が刻まれ、墓碑銘の文字は[[周恩来]]が書いたものである。葬儀の際には「徳田球一同志永垂不朽」と毛沢東自身が揮毫した横断幕が中国側から贈られていたが、[[渡部富哉]]によると現在は行方不明になっている<ref name="watabe">[http://chikyuza.net/modules/news2/article.php?storyid=253 白鳥事件関係裁判資料の公開と真相をめぐって]ちきゅう座スタディルーム</ref>。これを含め、徳田の関係資料を日本共産党は廃棄処分とし、現在も所在が不明のものがほかにもある<ref name="watabe"/>。
 
 
== 人物評 ==
[[ファイル:Tokuda Kyuichi's comrades surround his portrait.JPG|thumb|230px|徳田の遺影を囲む共産党指導者ら(1955年8月)。<br />(前列左から、[[志田重男]]、[[野坂参三]]、[[紺野与次郎]]。後列左から、志賀義雄、[[宮本顕治]]、[[春日正一]])|代替文=|左]]
「獄中18年」という経歴から共産党支持者から[[英雄]]視され、親しみやすい人柄で「徳球(とっきゅう)」のニックネームがあった一方、党内で「オヤジ」「徳田[[天皇]]」と呼ばれるような家父長的(親分子分的)指導体制であったという批判もある。特に、文化運動では、娘婿の[[西沢隆二]]の方針を支持し、〈ダンス至上主義〉といわれるほど[[社交ダンス]]を運動のなかにもちこんだ(その実態は[[徳永直]]の小説、『静かなる山々』にも描かれている)。また、[[宮本百合子]]は、1949年に、小説家を軽んじる徳田の方針に対する意見書を提出している。ただし、北京への渡航後は国際派への妥協を主張した西沢と対立し、[[伊藤律]]の回想によると「おれは長年獄中にいて世間にうといから、西沢にやわらかくほぐすよう助言させてきた。しかし、それは[[ブルジョワジー|ブルジョア思想]]でおれを毒する危険な協力だった。彼のため、もう一歩で一生を誤るところだった。彼と野坂(参三)は同じ思想だ。彼を日本へ帰してしまおう」と絶縁を言明した<ref>伊藤律『伊藤律回想録 - 北京幽閉二七年』文藝春秋社、1993年、p20、23</ref>。しかし西沢の送還は実現しなかった。
 
 
 
 
また、[[第1次吉田内閣]]で[[大蔵大臣]]を務めていた[[石橋湛山]]([[東洋経済新報社]]にて主幹・社長を歴任した[[ジャーナリスト]]。第55代[[内閣総理大臣]])も好意的な印象を抱いていた。
 
9,215

回編集