「ほんやら洞 (喫茶店)」の版間の差分

m
(京都の店舗は閉店済のため修正。)
また、経営母体が単一ではないが、京都・[[西陣]]にも姉妹店があり<ref name="yurai" />、店の2階はギャラリーになっている。
 
== 京都・出町の「ほんやら洞」 ==
=== 伝説の喫茶店 ===
[[京都市]]の[[出町]]([[上京区]]今出川通寺町西入ル、最終経営者は[[甲斐扶佐義]])の「ほんやら洞」は、休業中だった喫茶店を買取って、[[1972年]](昭和47年)春、[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]ら<ref>他に、[[室謙二]]、[[早川正洋]]、[[中尾ハジメ]]、[[甲斐扶佐義]]、[[中山容]]、[[片桐ユズル]]らが協力した。</ref>[[ミュージシャン]]、[[文化人]]、市民たちの募金と労務提供<ref name="yurai" /><ref>『就職しないで生きるには』1998年、晶文社)- レイモンド・マンゴー訳者 中山容の「あとがき」</ref>によって、開店された。
 
この店では、[[詩人]]たちが自作の詩の朗読を行い、その録音がレコードや書籍となったことや[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]、[[中川五郎]]、[[浅川マキ]]らの[[演奏会|ライブ]]が行われ、[[吉田拓郎]]や[[下田逸郎]]が顔を見せた<ref>[http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/cn20/rensai_01.html 「まえがき」]{{リンク切れ|date=2018年3月 |bot=InternetArchiveBot }} - [[甲斐扶佐義]] 京都ほんやら洞'68〜'74 連載1</ref>こと、当時よく読まれていた音楽雑誌に同店のスタッフであった[[古川豪]]や早川正洋の日記が連載された<ref>[http://www3.ocn.ne.jp/~f.go/subpage012.html 古川豪プロフィール] {{webarchive|url=https://web.archive.org/web/20070810111155/http://www3.ocn.ne.jp/%7Ef.go/subpage012.html |date=2007年8月10日 }}</ref><ref>[http://bakkers.gr.jp/~lami/rabi/doc/ref.html 中山ラビ参考資料] {{webarchive|url=https://web.archive.org/web/20080424095253/http://bakkers.gr.jp/~lami/rabi/doc/ref.html |date=2008年4月24日 }}</ref>ことなどによって、来店経験がなくても、店の名前や存在を知る人も少なくない。