「再帰」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{Redirect|リカーシブル|米澤穂信の小説|リカーシブル (小説)}}
'''再帰'''(さいき)は、あるものについて記述する際に、記述しているものそれ自身への参照が、その記述中にあらわれることをいう。[[定義]]において、再帰があらわれているものを[[再帰的定義]]という。[[自己相似]]の記事も参照のこと
 
主に[[英語]]のrecursionとその派生語の訳にあてられる。他にrecurrenceの訳([[回帰#物理学]]及び[[再帰性]]を参照のこと)や、reflexiveの訳<ref>[[代名詞#再帰代名詞|再帰代名詞]]、[[再帰動詞]]。また、[[社会学]]で、対象に対する言及がその対象自体に影響を与えること。[[:en:Reflexivity (social theory)]]も参照。</ref>として「再帰」が使われることがある。[[数学的帰納法]]との原理的な共通性から、recursionの訳として[[数学]]では「[[帰納]]」を使うことがある。