「ナンシー・ウィルソン (ジャズ歌手)」の版間の差分

出典、ほか
(出典、ほか)
{{Infobox Musician
| Name = ナンシー・ウィルソン<br />Nancy Wilson
| Img = NancyWilsonNancy Wilson.JPGjpg
| Img_capt = ワシントンD.C.にて(1997年6月)
| Img_size = 150220px
| Landscape =
| Background = singer
| Birth_name = Nancy Sue Wilson
| Born = {{生年月日と年齢|1937|2|20|no}}
| Died = {{死亡年月日と没年齢|1937|2|20|2018|12|13}}
| Origin = {{USA}}<br />[[オハイオ州]][[チリコシー (オハイオ州)|チリコシー]]
| Genre = [[ジャズ]]<br />[[リズム・アンド・ブルース|R&B]]<br />[[ソウルミュージック]]<br />[[ポップミュージック]]
| Occupation = ボーカリスト[[歌手]]
| Years_active = [[1956年]] - [[20182011年]]
| Label = MCG Jazz、[[キャピトル・レコード|キャピトル]]<br />[[ブルーノートコロムビア・レコード|ブルーノート]]<br />MCG Jazz
}}
'''ナンシー・ウィルソン''' (''Nancy Wilson''、[[1937年]][[2月20日]] - [[2018年]][[12月13日]]) [[アメリカ合衆国]][[オハイオ州]]出身の女性[[ジャズ]]/[[リズム・アンド・ブルース|R&B]]歌手。70枚以上の[[アルバム]]をリリースし、3度の[[グラミー賞]]を受賞した。
 
== 経歴 ==
[[File:Grand Gala du Disque in de RAI .Nancy Wilson, Bestanddeelnr 921-1492.jpg|thumb|right|130px|オランダ・アムステルダム公演 (1968年3月)]]
[[1956年]]にビッグバンドのボーカルとして活動を始め、[[キャノンボール・アダレイ]]の誘いで[[1959年]]に[[ニューヨーク]]に移住。翌[[1960年]]に[[キャピトル・レコード]]からデビューした。
 
多数のアルバムをリリースしヒットしたほか数々のテレビ出演でも知られ、[[NBC]]テレビで[[1967年|1967]]-[[1968年]]に自身がホストを務める番組『The Nancy Wilson Show』を手がけ[[エミー賞]]を受賞した。
 
[[1970年代]]までレーベルは「[[キャピトル・レコード]]」一筋だった。[[1968年]]、[[2005年]]、[[2007年]]には「[[グラミー賞]]」を受賞。[[2011年]]に、音楽活動から一線を退いている<ref>{{Cite web |url=https://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2018/12/15/0011906706.shtml |title=ジャズ歌手のナンシー・ウィルソンさんが死去 |publisher=デイリースポーツ |date=2018-12-15 |accessdate=2018-12-15 }}</ref>。
2018年12月13日、カリフォルニア州の自邸にて、長い病気の末に死去したことが明らかにされた<ref>{{Cite news|url=https://www.nbcnews.com/pop-culture/music/nancy-wilson-grammy-winning-jazz-singer-song-stylist-dies-81-n947876|title=Nancy Wilson, Grammy-winning jazz singer and 'song stylist,' dies at 81|newspaper=NBC News |date=2018-12-14|agency=National Broadcasting Company|accessdate=2018-12-15|language=英語}}</ref>。{{没年齢|1937|2|20|2018|12|13}}。
 
[[2018年]][[12月13日]]、カリフォルニア州の自邸にて、長い病気の末に死去したことが明らかにされた<ref>{{Cite news|url=https://www.nbcnews.com/pop-culture/music/nancy-wilson-grammy-winning-jazz-singer-song-stylist-dies-81-n947876|title=Nancy Wilson, Grammy-winning jazz singer and 'song stylist,' dies at 81|newspaper=NBC News |date=2018-12-14|agency=National Broadcasting Company|accessdate=2018-12-15|language=英語}}</ref>。{{没年齢|1937|2|20|2018|12|13}}。
 
== ディスコグラフィティ ==
主なスタジオアルバム
* Like in Love (1959)
* Something Wonderful (1960)
* The Swingin's Mutual! (1961)
* Nancy Wilson/Cannonball Adderley (1962)
* Broadway – My Way (1963)
* Hollywood – My Way (1963)
* Yesterday's Love Songs/Today's Blues (1964)
* Today, Tomorrow, Forever (1964)
* The Nancy Wilson Show! (1965)
* Tender Loving Care (1966)
* Lush Life (1967)
* Welcome to My Love (1967)
* Hurt So Bad (1969)
* But Beautiful (1969)
* Life, Love and Harmony (Sunshine) (1978]
* Love, Nancy (1994)
* A Nancy Wilson Christmas (2001)
* R.S.V.P. (Rare Songs, Very Personal) (2004)
* Turned to Blue (2006)
 
== 来日公演 ==
{{Normdaten}}
{{デフォルトソート:ういるそん なんしい}}
[[Category:アメリカ合衆国の女性歌手]]
[[Category:アメリカ合衆国のジャズ歌手]]
[[Category:アメリカ合衆国のR&B歌手]]
[[Category:アメリカ合衆国の女性ポップ歌手]]
[[Category:EMIグループのアーティスト]]
[[Category:グラミー賞受賞者]]
[[Category:エミー賞受賞者]]
[[Category:オハイオ州チリコシー出身の人物]]
[[Category:1937年生]]
7,990

回編集